サイトロゴ

ホーム岡山・水車と鍾乳洞を巡る(7日目)

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(7日目)

旅の最終日。高梁市と総社市の市街地を観光する。備中松山城や総社宮がきょうの目玉だ。

 
   
広域地図

旅の最終日。

これまででリストアップしていた水車と鍾乳洞はすべてクリアしている。したがってきょうの行動予定にはどうしても見なければならないというスポットはない。

そこで、以前にこのエリアを訪れたときにほぼ素通りとなってしまっていた高梁市街と総社市街にしぼってじっくりと過ごそうと思う。

高梁の備中松山城は山城で時間がかかるスポットだが、そこも見るつもり。そして城下町といえば寺町。レンタサイクルで寺町を網羅すれば、とりあえずしばらくは高梁市に来なくてもすむだろう。

その後、総社市へ移動。夕方ごろには総社宮を参拝し、それで今回の旅は終わりとなるはずだ。

松の葉寮の看板(高梁市落合町阿部)看板の上にミニチュア系松山城。

金毘羅院(高梁市落合町阿部)お砂踏み霊場がすばらしい。

阿部の茶堂(高梁市落合町阿部)石垣の上に建つ茶堂。

近似稲荷神社(高梁市落合町近似)高梁川の川面にある神社。

大本正八幡宮(高梁市落合町近似)拝殿の中が絵馬殿になっている。

近似の火の見櫓(高梁市落合町近似)一本柱の合理的な火の見櫓。

大福寺(高梁市落合町近似)境内からは高梁市街を一望にできる。

山王宮(高梁市落合町近似)切妻妻入り波板葺きの本殿。

玄賓荘(高梁市落合町近似)風情ある民家風の方丈型本堂。

蓮華寺(高梁市落合町近似)訪れたとき本堂を再建中だった。

備中松山城(高梁市内山下)山の尾根に石垣を積んで築かれた城。

高梁の町並み(高梁市新町)武家屋敷の風情を感じさせる土塀の町並み。

城型電話ボックス(高梁市内山下)電話ボックスの上に天守閣。

高梁基督教会堂(高梁市柿木町)鐘楼をもつ擬洋風の教会。

八重籬神社(高梁市内山下)八脚門に門扉がある。

御前の時鐘(高梁市御前町)詳細は不明だがわりと新しそう。

御前神社(高梁市御前町)藩主の庇護を受けた神社。八重籬神社とよく似ている。

頼久寺(高梁市頼久寺町)小堀遠州の築庭といわれる庭園がすばらしい。

龍徳院(高梁市寺町)庫裏の虹梁の上に小僧の彫刻がある。

巨福寺(高梁市寺町)重層の裳階つき本堂。

寿覚院(高梁市寺町)背の低い宝形造の本堂。

寺町裏の水車小屋(高梁市奥万田町)水車小屋の周囲は学生向けのアパート。

奥万田の荒神社(高梁市奥万田町)透け透けのお堂。

奥万田の水車小屋(高梁市奥万田町)大学などが集中する文教地区にある。

高梁八幡神社(高梁市和田町)社殿は南面しているのに参道が北から入る。

道源寺(高梁市和田町)本堂は奇抜なRC造。

定林寺(高梁市和田町)客殿が入母屋平入りで本堂ふう。

薬師院(高梁市上谷町)石垣造りの鉄砲階段がすごい迫力。

松連寺(高梁市上谷町)石垣が平山城の風情。輪蔵がある。

西明寺(高梁市上谷町)市街地にある本格的な廃寺。

威徳寺(高梁市上谷町)茅葺き屋根にトタンをかぶせた田舎風の寺。

日蓮堂(高梁市原田南町)無住のお堂だが盛り上げようとしている。

安正寺(高梁市向町)郷土資料館の東側にある寺。

正善寺(高梁市大工町)郷土資料館の西側にある寺。

岩屋寺(総社市奥坂)山の尾根に岩座が点在する古代の霊場。

総社宮(総社市総社2丁目)長い回廊のある神社。

総社市まちかど郷土館(総社市総社2丁目)備中薬売りの資料が充実。

総社市の町並み(総社市総社2丁目)ナマコ壁のしもた屋が続く静かな街。

   

他の旅