サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州北部へウィニジャトカミャパゴダ

ウィニジャトカミャパゴダ

ヒンドゥ教ふうの仏殿がある。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

AH1号線を南へ。ロンニャ沼を過ぎるとしばらく水田地帯の中を進み、人家もまばらになる。

その寂しいエリアにぽつんと目立つパゴダがある。

写真

参道の入口には茶堂のような小屋があった。

写真

黄色く塗られたパゴダが3つ、直線的に建っている。

道から伽藍の全容が見えていて、それ以上のものもなさそうだ。きょう立ち寄らなかったら、今後立ち寄ることはないだろう。

がんばって参詣していくことにしよう。

写真
写真

右のパゴダ。

パゴダ拝殿つき。

写真

中央のパゴダ。

八曜日の神様もあり、まわりに柵がついていて、一番立派なパゴダだ。

写真

左のパゴダ。

左のパゴダの側には風車がある。風力発電でもしているのか。ミャンマーでは電力が不安定だったり、そもそも電力網インフラの整備が遅れていたりするので、田舎の寺でも太陽光発電のパネルなどを見ることがある。

写真

講堂と思われる建物。

講堂は参道入口にお尻を向けていることが多い。

写真

ん? 変わった建物がある

ヒンドゥ教の寺院っぽい。

つまり、日本の神社の本殿・幣殿・拝殿みたいに、建物が直列に連結しているのだ。

写真

手前の建物から入ってみた。

中央に行者が入ったケースが置かれていて、奥への視線を妨げている。ヒンドゥ教の拝堂も部屋のセンターに柱が立てられているが、それを仏教的に置き換えたものではないか。

写真

拝堂の奥にもう一部屋ある。

写真

その奥の部屋。ヒンドゥ教の聖室に相当する部屋。

いろいろとお坊さんの写真が掲げてある。

さらに奥にもう一部屋あるのだが、野良犬の集団が中にいたため、あまり奥に入らないほうがよさそうだった。

写真

この部屋から外に出ると、屋上にパゴダが並んでいる。

こうした、聖室の陸屋根の上に装飾を載せる造りも、ヒンドゥ教っぽい。

写真

では屋上へ行ってみよう。

「ဖိနပ်ချွတ်ပါ」=「履物を脱げ」って書いてある、たぶん。

いちおう裸足で上がったけれど、日本人の貧弱な足の裏では、こういうハシゴみたいなのはかなりきつい。

写真

屋上のパゴダ群。

中央のパゴダに穴があるのが気になる。

写真

穴の中はよく理解できない構造になっていた。

前田環境美術(株)の遊具を彷彿とさせる。

写真

境内にはほかに開山堂があった。

(2017年01月04日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット