サイトロゴ

ホーム東北すきま旅(福島編)領家の時計台

領家の時計台

コンクリート製で高さは2mほど。皇紀2600年記念。

(福島県会津美里町藤家舘)

地図・MAP
 
   
写真

「時計台」とは、私が個人的に愛好している珍物件だ。いわゆるマイ・ブームというやつ。

私はいまだにこの種の物件について統括的に 論じられた文書を目にしたことがないので、時計台の愛好家はもしかしたら日本中に私一人しかいないかもしれないのだが‥‥。

写真

左下観音堂を見学後、車で移動中に会津高田町大字藤家館で偶然に発見。

付近の地域名をとって「領家の時計台」と命名。高さは2m程でコンクリート製。皇紀2600年を記念して建てられたもの。路上に建てられており、塔の上部に時計を収める窓があるので、すぐに時計とわかる。

ここで「時計台」の定義を説明しておこう。

歴史:戦勝、天皇の即位、巡幸、皇紀2600年などを記念して建てられる。

設置場所:道ばたの露天に置かれ、かつ、常設であること。

構造:機械装置ではなく建造物であること。

特に昭和天皇のご大典(昭和3)前後に全国的に作られたようである。最近では数少ないかつての皇国思想の遺産でもある。

(1999年08月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット