サイトロゴ

ホーム四国の時計台飯谷小の時計台

飯谷小の時計台

小学校の校庭の神社の中にある時計台。先生が寄贈。

(徳島県徳島市飯谷町杉尾)

地図・MAP
 
   
写真

徳島県の大きな川は中央構造線などの東西の断層の谷に沿って東流している。ところが、川は谷を流れ下るだけでなく、時として谷底から尾根の方向へ流れて、山脈を越えて隣の谷へ流れ込んでいる箇所がある。このような地形を「先行河川」と言う。

GoogleMapで表示

徳島市の最南端飯谷町は、先行河川が山を突き抜けている地形にある町だ。勝浦川の河原のわずかな平地から深い山が立ち上がる様子は、とても徳島市内とは思えない山里の風情である。

写真

その飯谷町にある飯谷小学校の校庭には杉尾神社という神社があって、その傍らに問題の時計がある。

「公立の学校の校庭に神社?それって政教分離を定めた憲法に違反しているのでは?」などと細かいとを言ってはいけない。山里では学校を建てられる平地は限られていて、神社の境内を利用して建設するのが効率的だったのだろう。山間地ではそんな学校は珍しくない。(それにどんなに校庭に神社があるように見えても、さすがに登記上は区分されているであろう…。)

写真

この時計は現在も機能していて、校庭の児童に時間を知らせるという役目も担っているが、それであれば校舎の側にあってもよいはずである。そのほうが校庭からは見やすいはずだ。この立地はどう見ても神社に付属しているようにしか見えない。材質はコンクリートで、表面はモルタルの洗い出し仕上げ。

定礎を見ると、昭和47年に先生が寄贈したとあるので古いものではないのだろうが、雰囲気からすると時計台そのものである。

(2004年06月20日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット