サイトロゴ

ホーム四国の時計台伊沢北小の時計台

伊沢北小の時計台

廃校の中の橋の途中にある独立記念の時計台。

(徳島県阿波市阿波町亀底)

地図・MAP
 
   
写真

吉野川の北岸、徳島県と香川県の県境には阿讃山脈という山地が続いている。その山地に分け入るようにいくつもの谷があり、それぞれのどん詰まりには香川県へ抜ける峠がある。ここで紹介する伊沢谷もそんな谷のひとつだが、この谷から峠を越えても香川県の主要都市へは行けないので、ほとんどの徳島県民は生涯この谷へ分け入ることはないだろう。

写真

地図を見ると伊沢谷は谷の西側斜面にだけ集落が点在していることがわかる。この付近の谷はだいたい西側斜面に集落がある。それらの集落を見て廻っていたときに、ある沢の橋の上に時計台を見つけた。

この橋は、旧伊沢北小学校の敷地内にあって、向かって右側が校庭、橋の左側が校舎になっていたようだ。

学校は今は廃校になっていて、校庭は公園として開放されている。

写真

時計台は橋の欄干に取り付けてある。

デザインはいかにもご大典記念物件という風情だが、定礎を見るかぎり関係のない物件のようだ。

写真

銘板には「伊沢北小学校 独立十周年記念 寄贈 松本マサコ」、定礎には「昭和三十二年十二月五日」と書かれている。

ということは、伊沢北小学校は終戦直後の昭和22年に作られたということになる。そのころに伊沢谷は最盛期を迎えたということになる。

想像するに、戦争のために疲弊した山に松などを植林するために、多くの人々が山に生活した時代があったのではなかろうか。

今でも伊沢谷には山の高いところまで人家はあるが、残念ながら小学校がにぎわうほどの子供は住んでいないようだ。

写真

時計を埋め込んであった穴は、コンクリの内側がトタン板で防水されていて、蝶番を取り付けたような跡があった。かつてはガラス板がはまっていたのだろう。

写真

裏側からみるとこんなふうになっている。

ボルトで取り付けられたけっこう際どい構造。

写真

校庭方面から校舎方面をみたところ。

写真

手前には水飲み場の跡があった。

なんとも悲しい風景だ。

写真

公園が校庭の一部だと考える理由は、公園の片隅に二宮金次郎がいるからである。

写真

埴輪のような表情の素朴さあふれる金次郎像。彩色されていたようだ。

今では苔が上半身を覆っている。

(2005年02月27日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット