サイトロゴ

ホーム知多・岡崎迷走(3日目)天恩寺

天恩寺

仏殿と薬医門が国重文。仏殿の前には放生池がある禅寺。

(愛知県岡崎市片寄町山下)

地図・MAP
 
   
写真

天恩寺。岡崎北部の滝山寺の界隈から、山の中を通って、岡崎市東部へ向かう。市街地へ戻らなかったので渋滞に巻き込まれることはなかったが、30分かかり、時刻は5時半。

すでにあたりはかなり暗くなっていて、境内に防犯センサーでもある寺なら、庫裏で警報が鳴り渡っていたことだと思う。でも以前から何度か訪れたいと思っていた寺だったし、ぎりぎり言い訳できる時間帯と思い、簡単に拝観することにした。

写真

山門(左上写真)は薬医門。城門のような豪壮な門だ。

その横には三十三観音堂。今回の旅ではずいぶん見た気がする。

写真

山門を過ぎると放生池。

放生池というのは禅宗の伽藍の一種で、境内の中心線の左右に1対あるか、もしくは、このように橋で分かたれている配置が一般的だ。

写真

橋を過ぎると、仏殿が見えてくる。

写真

信光明寺の観音堂と同じように、反りの激しい唐様の建築だ。

室町初期の建築で国重文。

写真

仏殿を横から見たところ。

写真

仏殿の右側には中門がある。

檜皮葺きの建築で、こちらもみるからに国重文。

室町後期の建築だという。

写真

中門の中はおそらく方丈。

写真

方丈の横は庫裏。

写真

庫裏の前には巨大な水盤舎。

写真

水盤舎の横には鐘楼。

写真

水盤舎を境内の下から見上げると、まるで門のように見える。

時間が時間だったので、かなり簡単に一回りしただけになってしまった。

この方面に来ることがあれば、もう一度訪れたほうがよさそうだ。

(2002年02月11日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット