サイトロゴ

ホーム赤城山南麓の稚蚕飼育所前橋桂萱農協稚蚕人工飼育センター

前橋桂萱農協稚蚕人工飼育センター

ロータリー式1ライン構成の施設。

(群馬県前橋市上泉町)

地図・MAP
 
   
写真

前橋桂萱(かいがや)農協人工飼育センター。実は、この飼育所も、稚蚕飼育所巡りの初日の夕方に訪れていたのだが、早朝からの移動で疲れていて、「人工飼育センターは、もういい、パス!」という感じで写真などは撮らなかったのであった。

それから5年経った2012年2月。私は稚蚕飼育所についての知識も増え、蚕糸業事情に詳しくもなり、「もはや人工飼育センターといえども記録していかなければダメだ」と考えるようになっていた。

写真

この前年ごろから、群馬県では遺伝子組み換え蚕の大規模飼育の研究が始まっていた。遺伝子組み換え生物を飼育するにはカルタヘナ法という法律にもとづいて、環境への拡散を防止した飼育環境を確保しなければならない。稚蚕飼育所はもともと外界の病原を遮断するためのクリーンルームになっていたことから、遺伝子組み換え蚕の飼育設備として再利用することになったのだ。

2012年の2月、見学会があったので参加することにした。もちろん、目当ては稚蚕飼育所の内部の見学だ。

写真

他の見学者たちと一緒に見て回ったので、あまり執拗に観察できなかったのだが、内部構造はだいたい上図のようになっていたと思う。(多少あいまいなところもあるが、想像で補った。)

ピンクの矢印が、作業者が出勤してから飼育室へ入るまでの経路である。以後の写真はこの順路に沿って説明してく。

写真

最初にあるのが休憩室。おそらく作業者が昼食をとったりするのもここだろうと思う。

稚蚕飼育の作業は午前、午後に及ぶことが多いので、通常は更衣室を抜けた先に休憩室があるのだが、この飼育所は更衣室の手前に休憩室があった。これでは昼食のたびに着替えて外に出なければならず、面倒だったのではないか。ただ、防疫の面ではその方が正解なのかもしれないが。