サイトロゴ

ホーム索引群馬県

群馬県のスポット

訪れた市町村

前橋市(180)

高崎市(73)

桐生市(3)

伊勢崎市(5)

太田市(15)

渋川市(29)

藤岡市(47)

富岡市(92)

安中市(100)

みどり市(2)

榛東村(17)

吉岡町(14)

神流町(1)

下仁田町(25)

南牧村(1)

甘楽町(41)

中之条町(1)

長野原町(10)

東吾妻町(4)

玉村町(5)

お寺と神社・宗教

打越の霊柩車(前橋市粕川町深津)座棺用と思われるが装飾は現代の霊柩車に通じる。

六所神社(前橋市江木町)薬医門のある神社。全体的に新しい。

南江木の霊柩車(前橋市江木町)装飾のない質素な霊柩車。座棺用と思われる。

善昌禅寺(前橋市力丸町)境内に千手観音の大きなコンクリ仏がある。

力丸町霊園(前橋市力丸町)陸屋根の中央に三角の切妻を加えた造形の霊廟。

四体大明神(前橋市徳丸町)五差路の中島に神社がある。

善光寺(前橋市鶴光路町)境内には放生池がある。

上州善光寺北向観音(前橋市新堀町)鶴光路の善光寺に対して作られた写し霊場。

下川淵村英霊殿(前橋市鶴光路町)日露戦争の戦没者の慰霊の施設。

新堀神社(前橋市新堀町)境内に百庚申がある、新興住宅地の中の神社。

極楽寺(前橋市亀里町)西と南の二面に環濠が残っている。

竜門の三峯神社(前橋市亀里町)梵天のようなものがあった。

横手の富士塚(前橋市横手町)古墳を使って造営された富士塚。

熊野神社(前橋市公田町)わずかな土盛りの上に建つ神社。

公田の岩船地蔵(前橋市公田町)願掛けがかなうと赤い衣装を着せるという。

萱町出世稲荷神社(前橋市千代田町5丁目)飲み屋街の横丁にある小さな神社。

愛宕神社(前橋市住吉町2丁目)境内にはかつて芝居小屋があった。

前橋八幡宮(前橋市本町2丁目)社殿が建つ小山は古墳。

大蓮寺(前橋市千代田町3丁目)アーケード街「弁天通り」の由来になった弁天様がある。

代田神社(前橋市南町3丁目)境内には淡島神社が合祀されている。

日蓮宗玄妙結社(前橋市本町2丁目)日蓮宗の教会か。馬場川通りに面している。

妙安寺(前橋市千代田町3丁目)戦災で古い堂宇は残っていない。

神明宮(前橋市千代田町1丁目)境内の池には銭洗い弁天の島がある。

前橋カトリック教会(前橋市大手町2丁目)RC造ゴシック風様式の教会建築。

源英寺(前橋市大手町3丁目)児童遊園地の裏に面していて前橋藩主の肖像を所蔵する。

雷電神社(前橋市平和町1丁目)境内はほぼ駐車場になっている。

飛石稲荷神社(前橋市昭和町3丁目)石工がノミを入れたら血が流れたという伝説がある。

長壁神社(前橋市大手町1丁目)姫路城の長壁神社を遷座したものだと伝える。

日輪寺(前橋市日輪寺町)夜な夜な絵馬の馬が暴れ出たという伝説がある。

菅原神社(前橋市日輪寺町)巨大な向拝をもつ重厚すぎる拝殿。

観民稲荷神社(前橋市岩神町2丁目)前橋城北西の要、風呂川の守護神。

静御前の墓(前橋市岩神町2丁目)京都へ上る途中この地で亡くなったという。

橘神社と福守さま(前橋市田口町)前橋の花街の信仰が厚かった性神。

市杵島神社(前橋市川原町1丁目)境内に百庚申や馬鳴菩薩像がある。

大興寺(前橋市川原町1丁目)本堂は前橋城内にあった屋敷を移築したもの。

光巌寺(前橋市総社町総社)総社藩主菩提寺の大寺。楼門は異様。

総社神社(前橋市元総社町1丁目)小正月の夜に執り行われる筒粥の神事。

縁切り薬師(前橋市元総社町)大蛇の人身御供にされた娘を弔ったものだという。

山王廃寺跡(前橋市総社町総社)塔の心礎や石製鵄尾などが気軽に見学できる飛鳥時代の寺跡。

根小屋の鹿島神社(高崎市根小屋町)参道の途中で踏み切りのない線路を横断する。

山名の地蔵堂(高崎市山名町)鰐口のついた新しい辻堂。

妙見寺(高崎市引間町)参道には酒まんじゅうのお店がある。

黒熊の浅間神社(高崎市吉井町黒熊)里山の神社。境内に三つ穴灯籠がある。

荘厳寺(高崎市新後閑町)琴平神社の別当寺。

琴平神社・本殿まで(高崎市新後閑町)社殿が多く、神像が目立つ神仏習合の神社。

琴平神社・地下霊場(高崎市新後閑町)本殿の築山の地下にある小宇宙。

天久沢馬頭観音の馬場(高崎市吉井町矢田)農耕馬を飾って走らせたという馬場。

龍源寺(高崎市吉井町多胡)養蚕の神、蚕影神社があったがいまは更地になっていた。

中里の火渡り(高崎市中里町)毎年4月17日に開催されるのだという。

大澤の祠内仏(高崎市吉井町大沢)石祠の中に納まっている小さな薬師如来。

柏木沢の蚕影碑(高崎市箕郷町柏木沢)雹の被害で死なせたカイコを弔うために建てられた。

辛科神社(高崎市吉井町神保)境内に多胡碑のレプリカがある。

住吉神社(高崎市吉井町東谷)千鳥破風向拝つきの流造の本殿は、住吉大社のリスペクトか。

上奥平の百庚申(高崎市吉井町上奥平)山の尾根道に沿ってならぶ庚申塔。

恩行寺(高崎市吉井町長根)境内の小堂に座棺輿が残されている。

乗附の百庚申(高崎市乗附町)人家のない山道に集められていた石塔。

飯玉神社(高崎市箕郷町富岡)妻入り入母屋の本殿。

谷ヶ沢の庚申塔(高崎市上里見町)庚申塔の古い形態だという。

新川のお堂(桐生市新里町新川)笠付きの庚申塔やらん塔があった。

下武士の富士塚(伊勢崎市境下武士)例幣使街道に面している。大きな松の木が目印。

養気山(伊勢崎市長沼町)おそらく富士塚だと思うが…。群馬県内では最大級

赤城神社の奉安殿(渋川市赤城町津久田)境内に奉安殿が残っている。本殿は極彩。

水澤寺・楼門(渋川市伊香保町水沢)楼門というより二階建ての巡礼型仏堂だ。

水澤寺・本堂(渋川市伊香保町水沢)境内にある二重塔は仏像が回転する可動建築。必見。

作間神社(渋川市村上)岩井洞の付近にある神社。神楽殿がある。

岩井洞(渋川市村上)ドライブインがある懸崖造観音堂。裏山は鎖場。

土師神社(藤岡市本郷)境内に辻相撲跡とされるものがある。

西連寺(藤岡市藤岡)鼓楼らしきものがある寺。境内には大銀杏。

赤城神社(藤岡市上栗須)長い参道のある神社。境内の石造物も個性的。

源性寺(藤岡市中大塚)平成15年に五間三戸重層門が建立。だが大味な寺。

飯玉神社祭具倉庫(藤岡市上大塚)集乳所と見誤った物件。

宗永寺(藤岡市上落合)七輿山古墳の東側にある寺。境内にも小古墳あり。

高山薬師堂(藤岡市高山)楼門の透けっぷりが強烈。

飯玉神社(藤岡市白石)社殿がすべて新しくなった神社。

般若寺(藤岡市白石)境内に樹がなく周囲が畑で、見通しやすい寺。

金井千体地蔵堂(藤岡市金井)小型の地蔵が無数に収められた堂。

西平井の磨崖仏(藤岡市西平井)摩滅してはっきりしない六地蔵。

塩平の野辺堂(藤岡市下日野)かつては寺だったのかもしれない。

駒留の忠魂社(藤岡市下日野)小さな石祠があるだけだった。

地守神社(藤岡市下日野)鳥居と境内の間に川があり、橋がない。

上日野の鹿島神社(藤岡市上日野)数々の性神が見られる。

小野の塩薬師(富岡市後賀)小野小町が病気快復祈願したという石塔。

星田の虚空蔵(富岡市星田)小さな胎内潜りや名号塔がある。

伝宗寺(富岡市星田)白壁がきれいな寺。

小野の大山社(富岡市下高尾)崩落を続ける崖にある社。磨崖仏もあったようだ。

田篠の諏訪神社(富岡市田篠)ちょっと奉安殿っぽい神社。

君川墓地の観音堂(富岡市君川)墓地の中にお堂が2つあった。

光厳寺(富岡市下高瀬)特養ホーム併設。北向きの境内の名刹。

高瀬神社(富岡市中高瀬)7月24日には凶事流しという行事がある。

黒岩の大日堂(富岡市上黒岩)本堂の縁の下に謎の参拝路が!

蛇宮神社(富岡市七日市)境内には古墳群がある。

北向観音(富岡市大島)北向きの崖の途中に投入堂風の奥の院がある。

富士神社(富岡市神農原)なぜか何度も訪れてしまう神社。

宇芸神社(富岡市神成)神楽殿が石段の途中にあるという不思議な配置。

霜降大明神(富岡市上丹生)切妻・妻入りの拝殿の内部は畳敷き。

鳴沢不動の百八灯(富岡市上丹生)行灯を吊るようになったのは最近だという。

菅原神社(富岡市妙義町菅原)本殿は江戸中期の極彩建築。

宗泉寺(安中市野殿)桑畑の中にある寺。朱塗りの鐘堂が印象的。

大泉寺のチャンコロリン石(安中市安中3丁目)夜の街道をころげまわった妖怪。

安中の天満宮(安中市安中)磯部に向かう旧道に忘れられたようにある辻堂。

小金久保の不動堂(安中市鷺宮)小さいながらも唐様で気合いの入った建物。

下秋間八幡神社(安中市下秋間)楼閣式縦拝殿などの変わった建築が目を引く神社。

咲前神社(安中市鷺宮)養蚕にゆかりのある神社。

荒沢不動堂(安中市下秋間)明後沢集落の奥の谷にある不動堂。

東横野の座棺輿(安中市鷺宮)輿の屋根は斜めに分解できるのか。

馬場の絹笠明神(安中市下磯部)右手に繭、左手に桑を持つ女神像。

羊神社(安中市中野谷)伝説の人物、羊太夫を祀る神社。

磯部赤城神社(安中市磯部1丁目)境内裏手に文学碑めぐりがある。

久保観音堂(安中市東上秋間)赤穂義士の石像を建てた僧が住んだという。

海雲寺(安中市郷原)招き猫で売り込み中。磯部温泉街からの散策によい。

日枝神社(安中市郷原)舞台形式の割拝殿がある。

自性寺(安中市郷原)山門は閉ざされている。墓地に座棺輿がある。

上後閑の榛名神社(安中市上後閑)なにもかもが赤く塗られている。

満行寺(安中市上後閑)榛名神社のとなりにある別当寺。

長源寺(安中市上後閑)立地からして風情がありそうな禅寺。

雲門寺(安中市松井田町上増田)本堂の外陣には養蚕の守り神、馬鳴菩薩が祀られている。

気佐石神社(安中市松井田町行田)杉林の中にあるひっそりとした神社。

北村の座棺輿(安中市松井田町土塩)向かい唐破風の輿が残されていた。

笠懸の庚申塔(みどり市笠懸町阿左美)畑の中にある庚申塔。

蓮華寺(榛東村長岡)庫裏兼本堂の質素なお寺。

宮昌寺(榛東村広馬場)新しい楼門がある禅寺。境内には椎茸典座の石像。

常将神社(榛東村山子田)神道集「船尾記」に登場する平常将を祀る神社。

柳沢寺(榛東村山子田)神道集に語られる伝説を起源とする寺。最近五重塔を建立。

字輪寺(榛東村広馬場)柏木宿の中にある寺。参道に庚申霊場がある。

長松寺(吉岡町漆原)船尾山から矢に結わえて放たれた観音が落ちた場所だという。

下八幡宮神社(吉岡町南下)獅子舞が伝わるという。境内にはウロのある大ケヤキ。

北下諏訪神社(吉岡町北下)遠目には杉林に見えるが、境内は以外にあっさり。

八幡神社(吉岡町南下)山の尾根にある。境内はコナラが植えられた里山。

金剛寺(吉岡町南下)杉山の中に小さな不動堂が一宇。無住の寺。

馬山の常夜灯(下仁田町馬山)県内には類例が見られない物件。

青倉神社(下仁田町青倉)本殿は端正な造形の一間社流造。

山際の辻堂(下仁田町下小坂)簡単そうに見えて、実は説明がむずかしいお堂。

清水沢の百庚申(下仁田町西野牧)川べりのひな壇に並ぶ庚申塔。

初鳥屋の八十八ヶ所霊場(下仁田町西野牧)ひな壇状のミニ霊場。

下平のお堂(甘楽町天引)西国の仏堂を思わせる、バランスの良いお堂。

造石法華経供養遺跡(甘楽町造石)法華経の写経を記念して作られた石仏。

北倉の笠塔婆(甘楽町天引)県重文のめずらしい形の塔婆。

熊野堂の磨崖仏(甘楽町天引)小振りな薬師如来か。

庭谷の化粧薬師(甘楽町庭谷)群馬ではめずらしい彩色石仏。

平石の磨崖仏(甘楽町)2つある磨崖仏のうち1つは剥離してしまっている。

長巌寺(甘楽町小幡)裏山に顔だけの磨崖仏がある。堂も多い。

古出神社(甘楽町轟)拝殿の前をさえぎるように滑り台がある。

福厳寺(甘楽町善慶寺)小幡七福神巡りの福禄寿の寺。可動式の渡り廊下がある。

荻ノ久保の茶堂(甘楽町秋畑)群馬県ではめずらしい茶堂形式の辻堂。

会場の山の神神社(甘楽町秋畑)秋畑から上日野へ越える峠にある神社。

与一八幡社(甘楽町秋畑)那須与一に関係する神社か。

那須の大日堂(甘楽町秋畑)緑泥片岩の墓石が並ぶ古い墓地。

入山の霊柩車(甘楽町秋畑)組み立て式の霊柩車だが、完成形は想像できなかった。

川原湯神社(長野原町川原湯)入り母屋妻入り茅葺きの社殿。2001年4月焼失。

上湯原稲荷(長野原町川原湯)何の変哲もない小さな篭り堂。囲炉裏が切ってある。

滝無不動(長野原町横壁)短足の仁王は石仏マニア必見。本尊も修那羅系の作風。

中村の火の見櫓(長野原町横壁)村境にある火の見はまるで塞の神のようだ

横壁諏訪神社(長野原町横壁)昼なお暗い木立のなかにある小さな社。

長徳寺(東吾妻町新巻)本堂の屋根が草葺き。

樋越の諏訪神社(玉村町樋越)境内には遊動円木がある。

街角で

小暮の時計台(前橋市富士見町小暮)夏草に埋もれつつある時計。

高松会館(前橋市富士見町小暮)レトロな公民館。戦前の建物かもしれない。

公田城と五重塔(前橋市公田町)道ばたにたたずむ鉄筋製の城。

県庁前通りのオフィスビル(前橋市大手町2丁目)三階のオフィスビルは都市計画の名残か。

平和町の三階蔵(前橋市平和町2丁目)元農具店の店蔵だったようだ。

日輪寺幼稚園跡の遊具(前橋市日輪寺町)幼稚園の足洗い場も見逃せない。

橘神社入口の時計台(前橋市田口町)神社の入口に立つ木造時計台。最近のものだという。

旧蚕糸試験場事務棟(前橋市敷島町)蚕糸関連の資料館になっていて展示は充実している。

桃の木川きわの時計台(前橋市田口町)古道の辻に立つ木造時計台。最近のものだという。

馬庭念流道場(高崎市吉井町馬庭)古武道、馬庭念流の道場。

上奥平の公会堂(高崎市吉井町上奥平)内部は板敷き。判断がむずかしい物件。

のぞみの園スターハウス(高崎市乗附町)山中に四棟のスターハウスが並ぶ。

上奥平のからくり水車(高崎市吉井町上奥平)自転車のリムを利用した、金属製のからくり水車。

小棚城城下町(高崎市吉井町小棚)心眼城下町観光としては比較的やりやすい。

松之沢の火の見櫓(高崎市箕郷町松之沢)高さ3m。火の見櫓としては最小の部類だ。

旧多野会館(藤岡市藤岡)現在はJA事務所に使われている帝冠様式の建物。

上栗須の火の見櫓(藤岡市上栗須)赤城神社の参道に建つ。

鮎川の火の見櫓(藤岡市鮎川)ピラミッド型の屋根が少し不似合いだ。

東平井の火の見(藤岡市東平井)農協の敷地に立つ目立つ火の見。

西平井の花壇(藤岡市西平井)畑の中に作られた花壇。

後賀の電話ボックス(富岡市後賀)里山のきわに置かれた赤屋根のボックス。

君川の火の見櫓(富岡市君川)涙滴型の屋根飾りがおもしろい。

江原時計店(富岡市富岡)望楼のついた商店。富岡市の繁栄を物語る。

富岡市富岡の木造三階屋敷(富岡市富岡)料亭か遊廓の跡ではないか。

城町公衆便所(富岡市富岡)狭い敷地に建てたため、入口がとんでもないことに。

塚田の火の見櫓(富岡市岡本)櫓部分が切り取られて低くなったのか。

高瀬神社の時計台(富岡市中高瀬)神社の辻に立つ目立たない時計台。

上高瀬公会堂(富岡市上高瀬)飼育所の跡地の典型的な利用例だろう。

高田公会堂(富岡市妙義町下高田)芝居小屋、集会所、農作業小屋を兼ねた多機能公会堂。

下丹生の時計台(富岡市下丹生)昭和末期ごろの時計台だろう。

中岩井の時計台(安中市岩井)掲示板に時計が貼り付けてある。

新島襄の両親宅(安中市安中1丁目)新島襄の生家と勘違いしている人が多い。

中山道の杉並木(安中市原市)国道18号の旧道に約500mつづく。

旧松井田町役場(安中市松井田町新堀)建築家・白井晟一による意欲的な設計の役場だった。

五料の茶屋本陣(安中市松井田町五料)中山道の間宿にある休憩用の本陣。

中木の木造火の見櫓(安中市松井田町五料)木造のハシゴ型だが、実用か観光用かは不明。

坂本小学校(安中市松井田町坂本)中山道坂本宿にある木造の小学校。

柏木宿の町並み(榛東村広馬場)高崎と伊香保をむすぶ街道の宿場町。

森田本家(吉岡町上野田)大庄屋の邸宅。見学していいのかよくわからなかった。

小幡の町並み(甘楽町小幡)群馬県を代表する中央水路の町並み。

松井家住宅(甘楽町小幡)江戸中期といわれる豪農の母屋が移築されている。

赤岩の三階民家(中之条町赤岩)崖屋の巨大三階養蚕農家。

小倉火の見櫓(長野原町横壁)水車とともに集落のランドマークになっている。

嚮義堂(玉村町樋越)江戸時代の郷校の跡。

樋越のミニ火の見櫓(玉村町樋越)カーブの突き当りにある小さな火の見。

商業・娯楽

蛭川繭糸店(前橋市三俣町2丁目)前橋の玉糸を購入できる小売店だった。

松井三郎商店(前橋市三俣町2丁目)おそらく前橋最後の副蚕糸の仲買い商だった。

熊野神社の三角すべり台(前橋市公田町)いまひとつ遊びかたがわからない。

大竹酒造(前橋市三河町1丁目)煉瓦蔵は改修されるまえに見たかった・・・。

橳島公民館の遊具(前橋市ぬで島町)昭和の古い遊具が残る博物館のような公園。

大野商店(前橋市住吉町2丁目)繭の仲買い商だったらしい。

あたご歴史資料館(前橋市住吉町2丁目)戦争資料が充実、庭に防空壕の模型がある。

呑龍マーケット跡(前橋市千代田町3丁目)戦後の闇市の雰囲気を残す飲み屋街だった。

中央通りの新井屋(前橋市千代田町2丁目)まるで時間が止まったような中華そば屋。

若草公園の滑り台(前橋市表町1丁目)「ヤマ」や「パイプすべり」があった。

箪笥屋横丁(前橋市大手町3丁目)木工職人が軒を連ねる通りだった。

るなぱあく・もくば館(前橋市大手町3丁目)国登録有形文化財の木馬。

赤玉染店(前橋市昭和町2丁目)京呉服を扱う呉服店。裏手には工房のような棟が。

ニッケン通商(前橋市石倉町5丁目)いまも現役の頼りになる絹糸商。

敷島公園の鏡餅すべり台(前橋市敷島町)滑走面は樹脂製、鏡餅のような滑り台。

本郷町公園の滑り台(高崎市本郷町)支柱がなく、タラップが垂直のハシゴになっている。

三日月村(太田市藪塚町)「木枯らし紋次郎」のテーマパーク。

スネークセンター(太田市藪塚町)さびれぶりが魅力で、ついリピーターに。

第二区区民広場のパイプ滑り台(渋川市赤城町津久田)パイプ滑りとステンレス滑りの三叉型。

城山公園のC型滑り台(藤岡市藤岡)カーブしながら滑る人研ぎの台。

飯玉神社のすべり台(藤岡市白石)一部改修されているが人研ぎの好ましい台。

岡与酒造(藤岡市金井)煉瓦造の大煙突がある。

黒澤精米所(富岡市蕨)賃引きの製粉工場。もしかしたら昔は水車小屋だったか。

下曽木の円墳型滑り台(富岡市曽木)成層火山のような形をした土の山。

繭絲問屋白石商店(富岡市富岡)詳細は不明だが、昭和の糸商だったのではないか。

富岡市役所前のレンガ滑り台(富岡市富岡)新しくれんがの外装をまとった、古いすべり台。

下高瀬のナマコ山(富岡市下高瀬)茶色のモルタルで作られたナマコのような山。

高瀬神社のコロビ滑り台(富岡市中高瀬)タラップの構造材が繊細すぎる。

大島鉱泉(富岡市大島)銭湯のようなひなびた鉱泉宿。立ち寄り入浴可。

大久保のファンネル台(富岡市妙義町八木連)デッキから滑走部が漏斗のように狭まっている滑り台。

磯部児童公園の円弧滑り台(安中市磯部3丁目)途中から傾斜が急になる滑り台。

原市児童公園の二連滑り台(安中市原市)傾斜地を利用した人研ぎの二連滑り台。

嶺鉱泉のボーリング井(安中市原市)多量の炭酸を含む鉱泉が自噴している。

赤城神社のゾウ滑り台(安中市磯部1丁目)ジャングルジムとローラー滑りが合体。遊びにくそう。

磯部温泉(安中市磯部1丁目)駅から歩いていけるひなびた温泉街。

みどりの動物園(安中市郷原)植木で動物を作ったというがもう閉園していた。

ガラメキ温泉跡(榛東村広馬場)かつて湯治宿があった廃温泉はいまも湯が湧いている。

萬盛座(神流町万場)神流町の市街に残る劇場建築。

下仁田の町並み(下仁田町下仁田)スナックや小料理屋があった裏路地を歩いてみた。

鉱工業・交通

群馬県繭検定所(前橋市上大島町)農家から出荷された繭の等級を決める施設だった。

樺澤商店製糸部(前橋市小神明町)芳賀工業団地にいまも建物が残る国用製糸工場。

栢野撚糸工場(前橋市朝日町2丁目)シルク製品をつくっている現役の工場。

不動川のマイクロ水力発電(前橋市富士見町時沢)いろいろ考えさせられてしまう発電所。

亀田屋製糸(前橋市城東町4丁目)製糸工場が建ち並んでいた地域にいまも煉瓦の壁が残る。

奈良製糸所(前橋市日吉町2丁目)レンガ造りの倉庫が今も残る。

丸山染色工場(前橋市本町3丁目)馬場川で川晒しをする暖簾やのぼりの染め工場。

石田明雄工房(前橋市富士見町田島)節糸と呼ばれる太繊度の座繰糸を作る製糸場。

相川染工場(前橋市千代田町5丁目)オリジナルの幟や袢纏地をオーダーできる染め工房。

前橋乾繭場跡(前橋市若宮町3丁目)西大室町に移転後、平成8年まで操業した。

菊水小林製糸所(前橋市若宮町2丁目)前橋に残る唯一の本格的繰糸場建築。

新林製糸(前橋市若宮町1丁目)玉糸製糸所だったが早い段階で廃業したという。

橳島用水の水力発電所跡(前橋市ぬで島町)むかし水力発電所があったという。

三栄撚糸(前橋市若宮町2丁目)長谷式撚糸機を使った強撚糸が得意だった。

旧安田銀行担保倉庫(前橋市住吉町2丁目)戦後、乾繭取引所の倉庫として、繭と生糸が収蔵された。

旧勝山社レンガ蔵(前橋市本町2丁目)元製糸会社が織物会社になってから建てた蔵。

丸大製糸(前橋市国領町1丁目)いまでも表札が残っている。

贄田製糸所(前橋市南町1丁目)玉糸や座繰り糸を製造した製糸工場だった。

家具工房あらい(前橋市大手町3丁目)箪笥屋横丁に最後の工房だったが最近看板を下ろした。

栗田機業場(前橋市大手町3丁目)広瀬川に面した機業場。

新井撚糸(前橋市大手町3丁目)撚糸工場が集まっていた場所だったという。

宮製糸所(前橋市平和町2丁目)庭にはカイコの供養碑が建つ。

池田撚糸(前橋市平和町2丁目)合撚機を使って座繰糸のカバーリングも手がけた。

桜井撚糸(前橋市昭和町2丁目)建屋はたぶん当時のままだろう。

柳原発電所(前橋市大手町3丁目)広瀬川と利根川の落差を利用した発電所。

藩営前橋製糸所跡(前橋市岩神町2丁目)「日本で最初」は富岡製糸場ではなかったのだ。

坪内撚糸(前橋市岩神町2丁目)前橋市で最後の専業撚糸工場。

岩崎撚糸(前橋市岩神町2丁目)前橋市に残る唯一のノコギリ屋根ではないか。

田口の眼鏡橋(前橋市田口町)自然石の玉石で作られた石造アーチ橋。

研業社・関根製糸所跡(前橋市関根町2丁目)明治初期、群馬を代表する製糸場のひとつだった。

関根発電所(前橋市関根町)取水側の水位が高いのが見ていて怖い。

蚕糸試験所(前橋市総社町3丁目)前橋市の文化財保護課の建物になっている。

佐野橋(高崎市佐野窪町)利根川水系にはめずらしい大規模な流れ橋。

東伊勢崎駅跡(伊勢崎市豊城町)たぶんここであろうという場所を見てきた。

祖母島の砕石工場跡(渋川市祖母島)沼尾川の崖線にホッパー跡が残る。

藤岡蚕糸跡(藤岡市藤岡)藤岡駅前にあった製糸工場の跡。

緑埜精糸社跡(藤岡市上大塚)当時の事務所の建物が残っている。

東平井の煉瓦倉庫(藤岡市東平井)ほぼ繭倉庫の外観をもつ農業倉庫。

甘楽社小野組繭倉庫(富岡市下高尾)甘楽社の製糸工場があった跡地。

おのれの滝(富岡市曽木)上信電鉄橋梁の横にある小さな滝。

甘楽社乾繭場と繭倉庫(富岡市富岡)町おこしのために遺構が破壊されるのではないかと不安だ。

木暮製糸場(富岡市富岡)製糸場の燃料庫がいまはパン屋になっている。

韮塚直次郎製糸場(富岡市富岡)明治のごく初期に短期間操業した製糸だった。

富岡製糸場(富岡市富岡)明治時代に建てられた工場が、百年以上使われた。

かぶら社乾繭場と繭倉庫(富岡市七日市)大規模な製糸場の繭倉庫の建屋がいまも残る。

上高瀬組合製糸倉庫(富岡市上高瀬)工場の倉庫としていまも使われているようだ。

宇芸神社参道踏切り(富岡市神成)宇芸神社の参道にある印象的な踏切り。

丹生組合製糸繭倉庫(富岡市上丹生)全体が長手積みのレンガで覆われている。

中沢組合製糸繭倉庫(富岡市中沢)ネオルネッサンス様式風のレンガ倉庫。

下柳瀬橋(安中市安中)平成24年に作られた土橋。

旧碓氷社事務所(安中市原市2丁目)群馬の製糸の特徴だった組合製糸の事務所跡。

郷原ベントナイト鉱山(安中市郷原)露天掘り鉱山だと思われるが立ち入れず・・・。

製糸踏切り(安中市松井田町新堀)排水溝のふたにラックレールが使われている。

碓氷製糸(安中市松井田町新堀)日本最大の製糸工場。国産生糸産業の最後の砦だ。

碓氷製糸の見学・乾繭場(安中市松井田町新堀)繭を乾燥させるための大型機械がある。

碓氷製糸の見学・繰糸場(安中市松井田町新堀)繭から糸をひく、いちばん製糸工場らしい部署。

碓氷製糸の見学・再繰場ほか(安中市松井田町新堀)出荷用に生糸の荷姿を整える部署。

下蒔田のコンニャク荒粉倉庫(下仁田町馬山)大谷石で作られた土蔵。

下仁田駅(下仁田町下仁田)質素な木造の終着駅。

白石工業鉱石乾燥小屋(下仁田町青倉)びっしりと並ぶパレットは小さな宇宙である。

下仁田の養蚕農家(下仁田町西野牧)下仁田社組合製糸に関連する豪農だったという。

上信電鉄福島変電所(甘楽町福島)変電所から直接架線に給電。紅白に塗られていた?

細谷製作所(甘楽町小幡)気になる万年筆の下請け工場。

小幡組合製糸倉庫(甘楽町小幡)甘楽社小幡組の繭倉庫だった建物。

吹上の石樋(甘楽町小幡)雄川堰を通すための石橋の水道橋。

太子線跡(長野原町長野原)長野原⇔六合村を結ぶ廃線は気軽に見学できる。

琴橋(長野原町長野原)貸し椀伝説も残る淵は戦国時代の要衝。

農業・林業

渋沢稚蚕共同飼育所(前橋市粕川町女渕)道路から貯桑場に直接桑を投入できた。

近戸稚蚕共同飼育所(前橋市粕川町深津)個人宅にある。換気塔が大棟から下がった位置にある。

東大室稚蚕共同飼育所・建築(前橋市東大室町)土室育タイプ飼育所の外観をよくとどめている。

東大室稚蚕共同飼育所・飼育室(前橋市東大室町)内部は土室育当時のまま。非常に貴重な物件。

杉之下稚蚕共同飼育所(前橋市苗ヶ島町)改築中だったが、石合の飼育所と施工が似ている。

石合稚蚕共同飼育所(前橋市苗ヶ島町)電床育方式で耐力壁以外のムロが撤去されている。

石合の石倉(前橋市苗ヶ島町)外壁が石でできた農具小屋。かつては厩だったか。

西大室稚蚕共同飼育所(前橋市西大室町)電床育飼育所。更衣室の天井が異様に低い。

梶谷稚蚕共同飼育所(前橋市苗ヶ島町)2連タイプだが越し屋根付き。

天神稚蚕共同飼育所(前橋市鼻毛石町)宿直室がなく、飼育室だけの建物。

柏倉稚蚕共同飼育所(前橋市柏倉町)駐車スペースに難があり、転用されていないかも。

河上稚蚕共同飼育所(前橋市河原浜町)越屋根を載せたブロック電床育飼育所。

正治首藤稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)セントラルヒーティング方式の謎が解明した。

本郷稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)寺の門前にある。ブロック電床育時代の特徴をよく残す。

一丁田稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)セントラルヒーティングオートフレーム方式の遺構。

市之関稚蚕共同飼育所(前橋市市之関町)空調大部屋方式の飼育所だったようだ。

富田町稚蚕共同飼育所(前橋市富田町)外部からダストシュート方式で地下へ桑を搬入できた。

富田中央稚蚕共同飼育所(前橋市富田町)2連型巨大飼育所。現在は倉庫になっている。

大胡町農協稚蚕人工飼育センター(前橋市横沢町)現在も前橋市の養蚕農家を支える飼育所。

新井稚蚕共同飼育所(前橋市滝窪町)地下室へのシュートがある。

新宿稚蚕共同飼育所(前橋市堀越町)工務店倉庫。東西の間取りで貯桑場は半地下。

南江木稚蚕共同飼育所(前橋市江木町)畑の中の一軒家。突き出た換気塔がかわいい。

上江木稚蚕共同飼育所(前橋市江木町)昭和44年竣工。地域での稚蚕共同飼育の最終形か。

西荻石橋稚蚕共同飼育所(前橋市荻窪町)工場になっていて、見極めはむずかしい。

東上野稚蚕共同飼育所(前橋市東上野町)高窓がない軽量鉄骨の建物。大部屋式か。

金丸稚蚕共同飼育所(前橋市金丸町)木造トラス、紙張り床砂電床式。まだ養蚕用具が残る。

小坂子四区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)配蚕口と宿直室が同じ側にある特殊な構造。

前橋桂萱農協稚蚕人工飼育センター(前橋市上泉町)ロータリー式1ライン構成の施設。

小坂子一区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)外見はほぼ当時のまま。L字型間取り。

小坂子二区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)現在は集会所。開口部の位置は当時のまま。

小坂子三区稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)現在は工場。蚕箔がごみ箱に転用されている。

小坂子十二稚蚕共同飼育所(前橋市小坂子町)軽量鉄骨小屋組み。内部はほぼ当時のまま。

受地稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町小暮)木造小屋組み、電床式。わかりにくい場所にある。

上泉郷蔵(前橋市上泉町)明治以降も使われていた郷蔵。

五代稚蚕共同飼育所(前橋市五代町)小型で、平入りの飼育所。農家の車庫になっている。

五代町集乳所(前橋市五代町)いまでも表札を出したままの集乳所。

寺間稚蚕共同飼育所(前橋市嶺町)中は完全に改装され、事務所になっている。

下阿内の集乳所(前橋市下阿内町)小さいがバルククーラー式だったようだ。

小暮の腰折れ屋根の牛舎(前橋市富士見町小暮)綺麗に使われている。しばらくは大丈夫そう。

鶴光路の集乳所(前橋市鶴光路町)菅原神社の前にある小さな集乳所。

前橋蚕種(前橋市後閑町)前橋南部に出荷していた蚕種組合だった。

日之出稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町石井)隣家がないので、全周から観察できる。

高松稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町小暮)2連型の巨大飼育所。現在は水道工事の工務店。

小神明稚蚕飼育所(前橋市小神明町)窓のない建物。個人所有の飼育所。

上沖稚蚕共同飼育所(前橋市上沖町)内部は改装済みだが、更衣室に当時の用具が残る。

石井三区稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町石井)住居になっている。使いやすそうな飼育所だ。

上細井稚蚕共同飼育所(前橋市上細井町)人形店倉庫。土室育形式の痕跡を残す古い飼育所。

富士見村稚蚕人工飼料育センター(前橋市富士見町小沢)地下の車寄せがある建物だった。

橳島稚蚕共同飼育所(前橋市ぬで島町)前橋市南部ではめずらしい飼育所。

六角豚舎(前橋市公田町)平面が六角形の木造豚舎。

橳島の長屋門(前橋市ぬで島町)農家の長屋門だけが残る敷地。門前には濠があった。

群馬県是蚕種協同組合(前橋市富士見町原之郷)いまは農業ハウスの施工会社になって残る。

引田稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町引田)L字間取り。大部屋タイプか。現在は製材所倉庫。

前橋蚕業事務所跡(前橋市紅雲町1丁目)おそらく門柱が当時のものだろう。

米野上組稚蚕共同飼育所(前橋市富士見町米野)貯桑場の換気のために地面から換気塔が

塩原蚕種(前橋市田口町)蚕種メーカーの母屋。木造三階の巨大な民家。

総社の養蚕農家(前橋市総社町総社)山王廃寺の境内だった場所には巨大な養蚕農家群が。

蚕糸技術センター(前橋市総社町総社)群馬県の蚕品種を管理する研究施設。

東国分稚蚕飼育所(高崎市東国分町)個人経営の飼育所だったのではないか。

黒熊地区の養蚕農家(高崎市吉井町黒熊)四つ櫓の立派な農家があった。

西国分稚蚕共同飼育所(高崎市西国分町)二列型のブロック電床育。ベンチレータの形状が珍しい。

疋間稚蚕共同飼育所(高崎市引間町)セントラルヒーティング式の飼育所か。

馬庭稚蚕共同飼育所(高崎市吉井町馬庭)4室しかない小型の飼育所だった。

西深沢北の巨大蚕室(高崎市吉井町多比良)5間×18間で2階建てという超巨大蚕室。

西深沢北のベーハ小屋(高崎市吉井町石神)内部には養蚕や糸繰りの道具がしまわれていた。

東部稚蚕人工飼料飼育センター(高崎市吉井町多比良)建物の平側に配蚕口らしき開口部がある飼育所。

多比良地区の養蚕農家(高崎市吉井町多比良)大きな養蚕農家は二つ櫓をのせていた。

多比良のベーハ小屋(高崎市吉井町多比良)納屋などと隣接して建てられ、保存状態はよい。

はぐくみ農協稚蚕人工飼育所(高崎市金古町)平成3年に建てられたボールト屋根の飼育所。

吉井町の養蚕農家(高崎市吉井町池)吉井町で見かけた蚕室など。

松田稚蚕共同飼育所(高崎市吉井町多比良)ブロック壁構造の土室電床育飼育所。

多胡稚蚕共同飼育所(高崎市吉井町吉井川)建て増しで動線が混乱してしまっていたのではないか。

群馬県稚蚕人工飼料センター(高崎市金古町)蚕の人工飼料「くわのはな」を製造している工場。

足門稚蚕共同飼育所(高崎市足門町)蚕座を移動するレールがあったという。

高稚蚕共同飼育所(高崎市吉井町高)ブロック造でありながら土室育のような通気孔の跡がある。

神保の青いベーハ小屋(高崎市吉井町神保)側壁が水色に塗られたキュートな乾燥室。

生原共同集乳所(高崎市箕郷町生原)水道が外部にあり、内部には冷蔵設備が見当たらない。

塩の三階民家(高崎市吉井町塩)群馬県の一般的な三階民家のフォーマットとは違う。

新屋敷稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町柏木沢)初期の大部屋方式の遺構か。多くが謎につつまれている。

矢原稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町矢原)大型の飼育所。金属研磨の工場になっている。

箕郷中央蚕共同飼育所(高崎市箕郷町西明屋)新旧二棟の建物が並び建つ。

白川稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町白川)建物のあいだを農道が抜けている。

大判地の町並み(高崎市吉井町東谷)南牧村の街道筋を思わせる限界集落。

富岡稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町富岡)斜面に建ち、貯桑場との接続がおもしろい。

白川稚蚕共同飼育所(高崎市箕郷町白川)木工所として使われている。土室電床育の飼育所。

東高浜稚蚕共同飼育所(高崎市高浜町)大部屋方式と思われる。比較的最近まで使われていた感じがする。

籠戸稚蚕共同飼育所(高崎市十文字町)スレート波板葺きの簡素な印象の飼育所。

金井原稚蚕共同飼育所(高崎市宮沢町)2棟が連結した飼育所。1棟はらせん循環式飼育装置をもっていた。

宮沢稚蚕共同飼育所(高崎市宮沢町)土室電床育の設備が手付かずで残っている。

黒岩風穴(高崎市箕郷町松之沢)わかりにくい場所にあるが保存状態はよい。

打越稚蚕共同飼育所(高崎市中室田町)窓がなく、屋根にベンチレータのある不思議な飼育所。

中室田の壮蚕飼育場(高崎市中室田町)大規模な壮蚕飼育場、だったのではないか。

江戸村稚蚕共同飼育所(高崎市中室田町)個人の住宅になっている。

谷ヶ沢稚蚕共同飼育所(高崎市上里見町)稚蚕飼育所かどうか、かなり微妙な物件。

谷ヶ沢の養蚕農家(高崎市上里見町)二階建ての蚕室と主屋が渡り廊下で接続!

板橋稚蚕共同飼育所(桐生市新里町板橋)現在は豚小屋になっている。

長沼の養蚕農家(伊勢崎市長沼町)巨大な2階農家。煙出し櫓がすごい。

深山稚蚕共同飼育所(渋川市赤城町深山)鉄骨小屋組み、電床式。現在は工務店の倉庫

上箱田稚蚕共同飼育所(渋川市北橘町上箱田)換気塔の多い飼育所。今は倉庫になっているらしい。

橘稚蚕共同飼育所(渋川市北橘町下箱田)外観は無改造。内部に養蚕設備が残っているかも。

有馬の養蚕農家1(渋川市有馬)個人で土室を持っていた現役養蚕農家。

有馬の養蚕農家3(渋川市有馬)「一倉飼い」と名をはせた養蚕家。

有馬の養蚕農家2(渋川市有馬)主屋の軒下に土室が! 防疫的にはいまひとつだったかも。

祖母島稚蚕共同飼育所(渋川市祖母島)配蚕口側に玄関室があるブロック電床育の飼育所。

祖母島北部稚蚕共同飼育所(渋川市祖母島)個人の敷地にある。非常に古い形式で保存状態も良好。

祖母島の養蚕農家(渋川市祖母島)切妻2階建てで、リフトを備えた家が目立つ。

鷲ノ巣風穴(渋川市伊香保町伊香保)車道からすぐのところにあり見学しやすい。

下戸塚稚蚕共同飼育所(藤岡市下戸塚)破風切れ型の特殊な外観の小型飼育所だった。

下栗須第一稚蚕共同飼育所(藤岡市下栗須)外壁にいまも飼育所の名前が大書きされている。

美九里第一稚蚕共同飼育所跡(藤岡市本郷)地下貯桑場の跡だけが飼育所をしのばせる。

小野南稚蚕共同飼育所(藤岡市上栗須)塗装工場の社屋になっている、ブロック電床育の飼育所。

中大塚の稚蚕共同飼育所(藤岡市中大塚)壁には「カネボウ蚕種」の文字が残る。

上大塚の養蚕農家(藤岡市上大塚)緑埜精糸社周辺の養蚕農家。

東平井の養蚕集落(藤岡市東平井)大型の養蚕農家が連なる町並み。

白石下郷稚蚕共同飼育所(藤岡市白石)両袖型の大部屋方式だった。

白石の集乳所(藤岡市白石)本当に集乳所だったかは未確認の物件。

高山社跡(藤岡市高山)世界遺産候補の構成資産のひとつ。

白石稚蚕共同飼育所(藤岡市白石)飼育所の青面を改装した看板建築。

下日野稚蚕共同飼育所(藤岡市下日野)ブロック電床育、かつ、空調設備があったのではないか。

松山稚蚕共同飼育所(富岡市蕨)木造、桟瓦葺きの古い建物。

廻平稚蚕共同飼育所跡(富岡市蕨)貯桑室入口のみが面影をとどめていた。

後賀の集乳所(富岡市後賀)コンパクトだがプラットホームと水槽を備えている。

小野稚蚕人工飼料飼育センター(富岡市相野田)飼育所ではなくてセンターという名前がハイカラ。

後賀三稚蚕共同飼育所(富岡市後賀)小ぶりだが重量鉄骨造のしっかりした建物。

小桑原稚蚕共同飼育所(富岡市小桑原)2棟が直列した和小屋の飼育所。

小野稚蚕人工飼料飼育センターの施設(富岡市相野田)群馬県西の養蚕を支える稚蚕飼育施設。

小野稚蚕人工飼料飼育センターの配蚕(富岡市相野田)人工飼料育の晩秋蚕配蚕の様子。

君川下郷稚蚕共同飼育所(富岡市君川)炊事場のあるブロック電床育飼育所。

中井稚蚕共同飼育所(富岡市田篠)2棟を直列につないだ構造。土室電床育だったろう。

上田篠蚕共同飼育所(富岡市田篠)直線型で長い飼育所だ。工務店の倉庫になっている。

君川中郷稚蚕共同飼育所(富岡市君川)豚舎に使われていた。妻飾りに繭型が残る。

君川西郷稚蚕共同飼育所(富岡市君川)地下室への直接搬入口がきゅうくつそうだ。

久保稚蚕共同飼育所(富岡市曽木)配蚕口を入るとすぐに階段。

大鳥稚蚕共同飼育所(富岡市下高尾)片廊下型で貯桑室は半地下、個性的な飼育所。

機足稚蚕共同飼育所(富岡市上黒岩)少し不便な場所にあるために保存状態がよい飼育所。

機足集落の蚕室群(富岡市上黒岩)見ごたえのある大きな蚕室が連なる集落。

機足の集乳所(富岡市上黒岩)冷蔵用水槽、搾乳設備をもつ先進的な施設だった。

太丸稚蚕共同飼育所(富岡市南後箇)公会堂の敷地に建つブロック電床育飼育所。

高瀬の集乳所(富岡市上高瀬)クーラーの設備はなかったという。

田島の集乳所(富岡市田島)おそらく個人の倉庫になっている。

宇田稚蚕共同飼育所(富岡市宇田)片側2室、合計4室のコンパクトな飼育所。

中組稚蚕共同飼育所(富岡市神農原)道路に2面しか面していないため、配蚕口が作れなかったのか。

中井稚蚕共同飼育所(富岡市野上)内部は倉庫兼車庫になっていた。

神農原の集乳所(富岡市神農原)横の小川で牛乳を冷やしたという。

坂井稚蚕共同飼育所(富岡市一ノ宮)かなり改装されていて、住居としてつかわれていたかも。

本村稚蚕共同飼育所跡(富岡市妙義町下高田)集落を見下ろす山の中腹にあった飼育所の跡。

上小林稚蚕共同飼育所(富岡市上小林)半分は集会所だが土室が残っているのが見えた。

神成共同稚蚕飼育所兼公会堂(富岡市神成)宇芸神社の横にある。採光の少ない飼育所だ。

丹生共進稚蚕共同飼育所(富岡市下丹生)配蚕口が宿直室側にある変わった構造。

神成山の養蚕農家(富岡市神成)岩壁のふもと、ユニークな蚕室が並ぶ。

下仁田のコンニャク畑(富岡市上丹生)大麦と一緒に植えられている。収穫に3年かかる作物。

南中稚蚕共同飼育所(富岡市上丹生)貯桑場が道路面にあり、飼育室へは階段を登る飼育所。

五分一稚蚕共同飼育所(富岡市上丹生)2連タイプのブロック電床育飼育所。

原稚蚕共同飼育所(富岡市原)丘の尾根に建つ飼育所。

中沢稚蚕共同飼育所(富岡市中沢)農家の個人の倉庫になっているようだった。

蚊沼稚蚕共同飼育所(富岡市蚊沼)途中で分断されている飼育所。小屋の処理が個性的。

上八木連の稚蚕共同飼育所(富岡市妙義町八木連)大部屋タイプの飼育所。蚕具はないが建物は原形のまま。

古立稚蚕共同飼育所(富岡市妙義町古立)リフト式給桑装置が残っている。

大久保稚蚕共同飼育所(富岡市妙義町八木連)大部屋タイプの飼育所。現在は農家の車庫になっている。

打越稚蚕共同飼育所(富岡市妙義町菅原)重量鉄骨2列ブロック電床育の大きな飼育所。

菅原町稚蚕共同飼育所(富岡市妙義町菅原)斜面に作られ、広大な地下室がある。

中岩井稚蚕共同飼育所(安中市岩井)高窓の代わりに換気扇。工務店の倉庫になっていた。

岩井の集乳所(安中市岩井)車寄せだけが手がかりの集乳所。

観音山丘陵の養蚕農家(安中市野殿)トタン葺きの軽快な印象の2階建てが多い印象。

中野殿稚蚕共同飼育所(安中市野殿)木造モルタル、スレート波板葺きの飼育所。

野殿の桑園風景(安中市野殿)かつて群馬のどこにでもあった風景が残る。

西組旧稚蚕共同飼育所(安中市野殿)住宅に改造された稚蚕飼育所。

野殿中組稚蚕共同飼育所(安中市野殿)斜面に建つ飼育所。大部屋タイプか?

西組稚蚕共同飼育所(安中市野殿)3齢配蚕を前提とした設計のブロック電床育飼育所。

大竹の養蚕農家(安中市大竹)十字路に建つ三階の蚕室が目を引く。

相水稚蚕共同飼育所(安中市下秋間)コンパクトだが機能的な飼育所だ。

松栄稚蚕共同飼育所(安中市鷺宮)ブロック電床育だったのではないか。

小金久保の集乳所(安中市鷺宮)場所は移されているが、建物は当時のまま。

小金久保の集乳所2(安中市鷺宮)これを集乳所と見切るのはかなりむずかしい。

小金久保の養蚕農家(安中市鷺宮)迫力のある二階建て蚕室。

金平居稚蚕共同飼育所(安中市鷺宮)3齢配蚕に対応した古い土室電床育飼育所。

藤ノ木稚蚕共同飼育所(安中市下秋間)改造されて人家になっていたが外観はそのまま。

宮本稚蚕共同飼育所(安中市鷺宮)2階が公民館という他に類をみない構造。

群馬県稚蚕人工飼料安中桑園(安中市鷺宮)工業団地への転用で広大な桑園跡地があらわに。

宮原稚蚕共同飼育所(安中市中秋間)薬品室という名前のついた部屋がある。

古屋稚蚕共同飼育所(安中市古屋)会社になってきれいに使われている。

碓氷安中農協稚蚕人口飼料飼育所(安中市原市)群馬県最大の稚蚕飼育所の設備の全容を見学した。

碓氷安中農協の掃き立て(安中市原市)人工飼料育の春蚕掃き立ての様子。

碓氷安中農協の電気温床育(安中市原市)装置としての電気温床育の歴史は実は古い。

小俣稚蚕共同飼育所(安中市小俣)地下が建物の外にまで広がっているようだ。

中秋間稚蚕共同飼育所(安中市中秋間)完全にくり貫かれて倉庫になっていた。

下後閑東部稚蚕共同飼育所(安中市下後閑)崩壊寸前だが古い形態をよく残している土室電床育飼育所。

上宿共同作業所(安中市中野谷)据え付けのプーリーがある汎用の農作業所。

下後閑稚蚕共同飼育所(安中市下後閑)宿直室だけが個人の住宅の一部になって残る。

新寺稚蚕共同飼育所(安中市磯部2丁目)建て増しした部分で3齢飼育をしたのではないか。

塚原稚蚕共同飼育所跡(安中市中後閑)基礎だけが残っていた土室育の飼育所。

上秋間稚蚕共同飼育所(安中市西上秋間)斜面からせり出すように建つ飼育所。

郷原稚蚕共同飼育所(安中市郷原)農家の納屋になっている木造の土室電床育飼育所。

郷原西稚蚕共同飼育所(安中市郷原)木造飼育所だが改修されて座繰作家の工房になっている。

小日向稚蚕共同飼育所(安中市松井田町小日向)宿直室がなく飼育室だけの建物が残る。

秋間の養蚕農家(安中市上後閑)贅を凝らした煙出し櫓が目についた。

国衙稚蚕共同飼育所(安中市松井田町国衙)木造の飼育所で3齢用飼育室もあったのではないか。

上後閑中部稚蚕共同飼育所(安中市上後閑)バイクショップに改装されたイカす飼育所

下増田稚蚕共同飼育所(安中市松井田町下増田)木造の飼育所で地域の集会所になっている。

新井稚蚕共同飼育所(安中市松井田町新井)越屋根の位置が不自然な木造飼育所。

上増田の桑園(安中市松井田町上増田)年3回飼育する養蚕農家があると見た。

松井田町農協稚蚕人工飼料飼育所(安中市松井田町新堀)現在は使われていない大きな施設。

松井田町農協稚蚕人工飼料飼育所・再訪(安中市松井田町新堀)使われていない飼育所を敷地の外から観察。

行田稚蚕共同飼育所(安中市松井田町行田)稼働年月が長かった土室電床育飼育所。

滝名田稚蚕共同飼育所(安中市松井田町五料)木造モルタルのブロック電床育。貯桑室が地上にある。

上増田稚蚕共同飼育所(安中市松井田町上増田)倉庫に改装されたブロック電床育飼育所。

竹ノ内稚蚕共同飼育所(安中市松井田町土塩)和小屋の土室電床育飼育所。

小竹協業養蚕組合施設(安中市松井田町五料)養蚕飼育施設としては群馬県で最大の遺構ではないか。

中木稚蚕共同飼育所跡(安中市松井田町五料)跡地は竹林になっていた。

新井稚蚕共同飼育所(榛東村新井)民家の蔵とひと続きの建物になっている。

川端稚蚕共同飼育所(榛東村山子田)クリーム色の外壁のブロック造の建物。

榛東村の養蚕農家(榛東村長岡)ひとつながりの気抜きを持った2階屋が多いようだった。

八幡橋の集乳所(榛東村新井)内部に井戸を持つ施設だったが取り壊された。

山子田稚蚕共同飼育所(榛東村山子田)最新鋭の設備を誇る飼育所だった。

第十六区稚蚕共同飼育所(榛東村広馬場)一列型のブロック電床育の飼育所。

広馬場稚蚕共同飼育所(榛東村広馬場)3世代の飼育所が建てられた場所。

新井の猪土手(榛東村新井)古図によれば長大な猪土手だったという。

長岡の猪土手(榛東村長岡)見極めがかなりむずかしい猪土手

桃泉稚蚕共同飼育所(榛東村新井)かなり見極めが難しい飼育所。

漆原の三階養蚕農家(吉岡町漆原)「漆原カイコ要塞」と名付けたい異形の農家。

新田稚蚕共同飼育所(吉岡町漆原)道路側に宿直室があるブロック電床育の飼育所。

中町稚蚕共同飼育所(吉岡町大久保)貯桑場やトイレが中央にある両袖型の飼育所。

木戸稚蚕共同飼育所(吉岡町南下)窓のないブロック電床育飼育所。

上和田南町稚蚕共同飼育所(吉岡町上野田)小屋は軽量鉄骨トラスで母屋桁が木造の混構造。

北下第1稚蚕共同飼育所(吉岡町北下)ブロックもやり違いに積んだら少しおしゃれに。

大藪稚蚕共同飼育所(吉岡町南下)並列型の飼育所で比較的原形を留めている。

小倉の猪土手(吉岡町小倉)榛東でみた土手の続きらしい。わかりやすい物件。

馬山の下仁田ネギ(下仁田町馬山)下仁田町でしか育たないといわれるネギ。

馬山稚蚕共同飼育所(下仁田町馬山)倉庫に転用されているブロック電床育飼育所。

青倉稚蚕共同飼育所(下仁田町青倉)大部屋棚飼い方式の飼育所。給桑リフトがある。

土谷沢稚蚕共同飼育所(下仁田町青倉)温室のような明るい開放型の建物。

中小坂稚蚕共同飼育所(下仁田町中小坂)真壁、和小屋で線の細い印象の飼育所だった。

根小屋の町並み(下仁田町西野牧)なだらかな斜面に養蚕農家が密集している。

滑岩の町並み(下仁田町西野牧)屹立した岩山を背にした、崖下の集落。

鏑川最上流の集落(下仁田町西野牧)行き止まりの谷にある穏やかな村。

小平のデルピス号(下仁田町西野牧)前輪の泥よけはカスタムパーツか。

荒船風穴(下仁田町南野牧)蚕種を保存した天然の冷蔵庫。3つの室の跡が残る。

勧能の段畑(南牧村羽沢)驚異的な急傾斜。石垣で築かれた見事な段々畑だ。

北倉稚蚕共同飼育所(甘楽町天引)斜面に建っているため、室内の床面が2段になっている。

上田口稚蚕共同飼育所(甘楽町天引)換気塔にとんがり屋根が載っている。

白倉の板倉(甘楽町白倉)農家の庭に建つ小さな倉。

白倉の集乳所(甘楽町白倉)桟瓦葺きの端正な小型集乳所。

上引田の壮蚕飼育場(甘楽町白倉)現役で稼働している多段循環式飼育装置。

多井戸稚蚕共同飼育所(甘楽町小川)隣に壮蚕飼育棟がある。

中郷稚蚕共同飼育所(甘楽町上野)甘楽木工房という工房になっていた。

小舟稚蚕共同飼育所(甘楽町上野)飼育所かどうか判断に迷う物件だった。

中村稚蚕共同飼育所(甘楽町上野)木造2列型の飼育所。貯桑室への入口がスロープ。

今宮稚蚕共同飼育所(甘楽町上野)土室電床育タイプで改装されて居住できそうになっている。

町谷稚蚕共同飼育所(甘楽町小幡)木造の飼育所に木造モルタルの飼育所を継ぎ足した構造。

川久保南稚蚕共同飼育所(甘楽町善慶寺)並列型の大型飼育所。貯桑場への投げ込み口がある。

轟稚蚕共同飼育所(甘楽町轟)並列型のブロック電床育。集落の共同作業所になっていた。

西川稚蚕共同飼育所(甘楽町善慶寺)並列型の飼育所だった。いまはプレス工場になっている。

下東稚蚕共同飼育所(甘楽町国峰)ブロック電床育。工務店の倉庫になっている。

国峰の集乳所(甘楽町国峰)広い室内空間は何に使ったのだろう。

国峰中組稚蚕共同飼育所(甘楽町国峰)ブロック電床育の飼育所。工場になっている。

日向稚蚕共同飼育所(甘楽町国峰)小型のブロック電床育飼育所。人家かも。

那須地区の段畑(甘楽町秋畑)南向きに開けた美しい里。

岡崎稚蚕共同飼育所(東吾妻町岡崎)広々とした場所に建つ飼育所。使いやすかっただろう。

東西部稚蚕共同飼育所(東吾妻町新巻)昭和40年代後半の特徴をもつ飼育所。

東吾妻町の養蚕農家(東吾妻町小泉)吾妻川沿いには兜造りの農家が多くある。

漁業・船

公田の渡し跡(前橋市公田町)前橋市内で最後まで残った渡し舟だった。

馬場川通りの舟つなぎ石(前橋市本町2丁目)渡し舟をつないだ石だという

水と暮らし

赤城大沼用水の円筒分水(前橋市富士見町赤城山)二重連の円筒分水で4つに分水している。

下佐鳥の環濠屋敷(前橋市下佐鳥町)屋敷は小さくなったが濠は残っている。

鶴光路の環濠屋敷(前橋市鶴光路町)西と南の濠にいまでも水をたたえる。

竜門の環濠屋敷(前橋市亀里町)近いうちに濠は消滅するだろう。

中原の環濠屋敷(前橋市上佐鳥町)東側に立派な濠が残る。

村島養鯉場(前橋市文京町1丁目)まだわずかに池の跡が残っていた。

乗明院(前橋市公田町)東西南北を濠で囲む、環濠屋敷を思わせる寺院。

十六本堰(前橋市城東町4丁目)怖いような堰だったが、平成12年に改修された。

関口養魚場(前橋市文京町1丁目)前橋駅南のなつかしい風景を残す場所。

西原の環濠屋敷(前橋市上佐鳥町)西南東の三面に環濠の跡が確認できる貴重な遺構。

交水堰(前橋市住吉町2丁目)交水社という製糸工場の取水堰だったという。

前代田の水車小屋跡(前橋市表町1丁目)風呂川にかけられた水車の遺構。

岩神町界隈の風呂川(前橋市岩神町1丁目)風呂川の全域で最も風情のある場所。

敷島浄水場(前橋市敷島町)水道タンクは国登録有形文化財では役不足な感じが。

田尻共同水車(前橋市田口町)縦軸タービン形式の水車。タービン好きには必見の遺構。

関根町の水場(前橋市関根町)野菜や農具を洗った水場の名残か。

関根町のサイフォン群(前橋市関根町3丁目)住宅街に小さなサイフォンがいくつもある。

猿谷橋の水車(前橋市総社町総社)天狗岩用水にある機械的な水車。発電所か?

上芝の共同水車(高崎市箕郷町上芝)下掛けの立派な水車。

稲荷町の環濠屋敷(伊勢崎市稲荷町)屋敷はなくなっているがわずかに濠が確認できる。

一の字池の湧水(太田市新田市野井町)生品中の南にある。枯れ果てていた。

通木の湧水(太田市新田市野井町)農家の屋敷林の横にある。水位は下がったが水はある。

サカノイケの湧水(太田市新田市野井町)民家の庭にある。水位は下がったが水はある。

弁天の湧水(太田市新田市野井町)周囲には湧水を利用したクレソン畑が広がる。

羅釜の湧水(太田市新田市野井町)田んぼの真ん中にある。湧いているようには見えない。

重殿湧水(太田市新田市野井町)池の中の石祠がいい感じだが、枯れていた。

市野井の湧水(太田市新田市野井町)廃車置き場の横にある湧水。枯れていた。

金井の出水(太田市新田金井町)工場の敷地の中にある。枯れ果てている。

矢太神沼の湧水(太田市新田大根町)公園化され整備されている。

妙参寺沼の湧水(太田市新田大根町)湧水ポイントはU字溝になっていた。

美濃谷戸の湧水(太田市新田大根町)ヒョウタン型の沼。水は濁っていた。

団蔵坊の湧水(太田市新田大根町)大きな用水池に改造。水はあるが近寄りがたい雰囲気。

上中の湧水(太田市新田上中町)町が親水公園を計画しているが、まったく水がない。

津久田の水車小屋跡1(渋川市赤城町津久田)山際の民家の前にあった水車。

津久田の水車小屋跡3(渋川市赤城町津久田)深山へ向かう街道に面していた水車小屋。

津久田の水車小屋跡4(渋川市赤城町津久田)木製のベルトコンベアのある水車だった。

津久田の水車小屋跡2(渋川市赤城町津久田)畑の中の段差に作られた水車小屋だった。

津久田の復元水車(渋川市赤城町津久田)赤城ICへの取り付け道路に新設された観光水車。

津久田の水車小屋跡5(渋川市赤城町津久田)U字側溝の落差を利用した水車小屋だった。

谷ノ口の箱水車(渋川市村上)道ばたにひょっこりある箱水車。

谷後の箱水車(渋川市村上)山の中の一軒家の庭にある。母屋は赤城型民家だ。

塩川の箱水車(渋川市村上)岩井洞付近の農家の庭にある。まだ新しい水車。

美土里用水の分水(藤岡市上大塚)鮎川から取水された水のきれいな用水。

弘法井戸(藤岡市下日野)高井戸という集落をささえた湧水。

曽木神社(富岡市曽木)境内に大きな湧水池がある。

大久保の弘法井戸(富岡市妙義町八木連)近代化されていてガックリ。

宮本の六方水(安中市鷺宮)台地の比較的高い部分にある湧水群。

磯部簗(安中市磯部1丁目)碓氷川に掛けられた実用性はなさそうな簗場。

岡登緑道の水車小屋(みどり市笠懸町阿左美)ポンプアップ&内部空洞のがっかり水車。

断層入口の水車小屋(下仁田町青倉)中は見えなかったが保存状態はよさそうだ。

跡倉の二連水車(下仁田町青倉)遠くて細部はよく見えない。幻想かも‥‥。

跡倉の蛇口(下仁田町青倉)あまり清潔そうじゃないが飲むのは3回目。

小河原の水車小屋(下仁田町青倉)大きな木製の水輪が朽ちていた。下掛け水車。

那須の弘法井戸(甘楽町秋畑)人家の入口にあり湧水量は少ない。

三原水車小屋(長野原町横壁)水輪はないが上掛けで、心棒は鉄製の典型的な実用水車。

飯塚の環濠屋敷(玉村町飯塚)石垣積みの濠と白壁が美しい。

樋越の環濠屋敷(玉村町樋越)二つ櫓を載せた養蚕農家の豪農。

自然

千人隠れ(高崎市吉井町上奥平)戦いに敗れた軍勢が隠れたという伝説もある崖。

東谷渓谷(高崎市吉井町大沢)あまり知られていないミニ渓谷。

新里の化石産地跡(桐生市新里町小林)貝化石がザクザク採れた丘。

赤城山のヒメギフチョウ保護区(渋川市赤城町北赤城山)守る会の努力のたまもの。見えるくらい飛んでいた。

鑷沢の柱状節理(渋川市村上)小野子山の火山活動の名残。

古城団地の大桑(安中市板鼻)胸高直径70cmのログワ。

跡倉クリッペの破砕帯(下仁田町青倉)とてもわかりやすい断層が簡単に見学できる。

秋畑の大ツバキ(甘楽町秋畑)樹齢千年ともいわれる椿。

史跡・旧跡

力丸城跡(前橋市力丸町)町内の地割りに城の縄張りのなごりを感じる。

蛇穴山古墳(前橋市総社町総社)小学校の庭にある円墳。横穴式石室が開口。

宝塔山古墳(前橋市総社町総社)一辺54mの巨大方墳。横穴式石室が開口。

木暮の穴薬師(高崎市吉井町小暮)横穴墓に磨崖仏がつくられている。

新堀城跡(高崎市吉井町多比良)平井城の出城といわれる城。

天子塚古墳(高崎市保渡田町)埴輪のレプリカが置いてある。

多胡村133号墳(高崎市吉井町神保)石室は奥行きが浅く、石仏が納められている。

穴大黒(高崎市吉井町上奥平)尾根の東斜面にある横穴墓と思われる穴。

陸軍特別大演習記念碑(渋川市赤城町津久田)昭和9年に北関東で行われた演習の記念碑か。

白石古墳群(藤岡市三ツ木)古墳公園として整備されつつあった。

白石稲荷山古墳(藤岡市白石)段丘の上に立つ巨大前方後円墳。

伊勢塚古墳(藤岡市上落合)玄室側壁の石積みがすばらしい。

七輿山古墳(藤岡市上落合)羊太夫の妻を葬ったという伝説のある巨大古墳。

天王塚古墳(藤岡市白石)墳丘上に神社があるが、近寄りにくい古墳。

喜蔵塚古墳(藤岡市白石)墳丘は破損ぎみだが切石積み石室がすばらしい。

吉良上野介陣屋跡(藤岡市白石)産湯をつかった井戸の跡が残る。

安中6号墳(安中市安中1丁目)公園になっていて、石室は露出。

安中磯部9号墳(安中市磯部4丁目)外周が石垣、鉄柵で囲まれている。

簗瀬二子塚古墳(安中市簗瀬)石室内に朱の彩色が残っているという。

簗瀬八幡平の首塚(安中市簗瀬)戦国時代の150人分の頭蓋骨が安置されている。

千駄木岩陰遺跡(安中市松井田町西野牧)縄文時代の狩人のベースキャンプだったのだろうか。

民俗・行事

横沢の道祖神小屋(前橋市横沢町)ピラミッド型で内部に縁起物を格納する部屋がある。

初市まつり(前橋市本町2丁目)「だるま市」とも呼ばれる大きな市。

お杉さま(前橋市紅雲町2丁目)長尾謙忠という武将の首塚といわれている。

高浜西地区のどんど焼き(高崎市高浜町)道祖神小屋の中に入れるのがこの地域の特徴。

方寺戸のお化け階段(富岡市岡本)階段の前で手をはたくと音がこだまする。

高瀬神社・凶事流し(富岡市中高瀬)茅の輪くぐりと人形流しが融合した行事。

大島の火祭り(富岡市大島)高速道の法面に大文字が浮かび上る。

磯部二区のどんど焼き(安中市磯部3丁目)天狗を演じる子どもが口上を述べる。

磯部温泉の鳥追い(安中市磯部1丁目)かつて温泉街に鳥追いがあった。

唐櫃の林(長野原町川原湯)急死した湯治客が今も眠っているという。

文学・芸能

春日神社・蚕の舞(前橋市上佐鳥町)養蚕の作業をこっけいに舞う神楽が伝わる。