サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の洞窟寺院レーケー僧院

レーケー僧院

八本柱のカレンカルト風のパゴダがあった。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

仕事の用事でパアン市郊外の村にある僧院を訪れた。

パアン市の郊外は、低地は広々とした水田や畑、山のふもとの水が少ない地帯にはマンゴーやゴムの農園が続いている。

写真

僧院の総門。総門とは寺の境内の一番外の門であり、道行く人に「ここは寺ですよ」と示す機能を持っている。

コンクリでできた鳥居みたいなプラットホームの上に、コンクリ造形物(この場合はゾウ)が載っているという構成は、このあたりで見た寺の総門の典型であった。

山門に掲げられているミャンマー語は読めないが、左端の4文字はミャンマー数字であり「1358」、右端はアラビア数字で「1996」と書かれている。1996年にこの門を建てたという意味であろうか。

写真

門の中央に掲げられているのは、カレン族のシンボルマーク。陣太鼓と水牛の角。

太鼓の皮面に当たる部分に小さな黒いリボンのようなものがあるが、これはカエルの形をした釘隠しである。王族だけが使用できたシンボルというような話をきいた。

写真

このときは取引先の人もいたし、参詣目的でもなかったので、パゴダは遠くから軽く写真を撮っただけだった。なんだか、柱のいっぱいあるアンテナみたいなパゴダだ。

このパゴダの形式が珍しいものだと気付いたのは、かなり後になってからだ。

写真

これは後日、市内の民族博物館で見た「レーケーの祭壇」という祭具。これは小型のものだが、裕福な者が作るときは大きな祭壇にするのだという。

「レーケー」とはパアン市付近で1860年ごろに発生した仏教系の新興宗教らしい。つまり僧院は、レーケーの流れを組む寺だったのだ。

写真

寺の名前は聞きわすれたので、とりあえず「レーケー僧院」と呼ぶことにする。

寺務所だか庫裏だかわからないが建築中の建物があった。このように、調達できた材料で建築を進めて、作りかけのまま放置しておくのはミャンマーではわりと普通の風景。

写真

境内にはほかに、地元の人の職業訓練校があった。

写真

寺の裏手にはびょうぶのような、平たくて急峻な山脈が続いている。

この山はズェガビン山といって、カレン族の仏教の聖地なのだそうだ。

写真

よく目を凝らすと、山頂にパゴダ群があるのが見えた。

現地の職場の人が「そのうち登るとイイヨ」などと言っていたのを、そのときは冗談だと思って聞き流していたのだが・・・。

後日、このお寺を再訪してもう少し詳しく観察することができた。

(2014年01月22日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット