サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の雨季タンバッタィンドゥエィパゴダ

タンバッタィンドゥエィパゴダ

ドンイン村のドゥエィ寺院の末寺か。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

ラインカァ峠を越え、ズェガビン山脈の東麓に出る。

そのラインカァ村のはずれに、楽しそうな山門がある。

寺の名前は「タンバッタィン・ドゥエィ・パゴダ」。西麓にあるドゥエィ寺院と同じ宗派の寺らしい。あとで通訳さんい聞いた感じでは、ドゥエィという宗派はレーケーと同じように一種の新興宗教で、伝統的な仏教とは区別してとらえているようだ。

写真

寺へ向かう道に牛車がのんびりと進んでいた。

仕事を終え、家路に帰るところなのだろう。

時刻はもう夕方になっている。

写真

この牛車が進む参道の先、山のふもとに寺があるのだ。

写真

寺へ向かう途中に、たくさんの名前が書かれた看板がある。

この寺を建てるのに寄進した人のリストと思われる。

写真

境内に到着。

西麓のドゥエィ寺院に比べると、かなりこじんまりとしている。

写真

最初に目に入ってくるのは、ナッ神と思われる祠。

写真

カレン民族の伝統衣裳を着た像は、妙にリアル。

しかも眼鏡をかけているではないか。

死んでナッ神になった行者で、実在した人物なのかも知れない。

写真

めずらしいメガネ仏である。

メガネ仏といえば、ミャンマーのピィにあるシュエミェッマン寺院の仏像が有名だが、日本にも愛知県の大智院や埼玉県の喜多院などで見られる。

写真

パゴダの回廊の中にあったポスター。

この方がメガネ仏の本人なのであろうか。

写真

パゴダ。

色が塗られていないコンクリ打ちっぱなしの仏塔である。

写真

亀腹の部分に、金色の色紙が貼り付けてあった。

まさか、色紙を貼り付けてパゴダを金ピカにしてしまおうってわけじゃないよね?

写真

パゴダの前にはお供えものを並べる台があり、その上には葉っぱを丸めたものが置かれていた。

メガネ仏のご本人が生前、葉巻きが好きだったのでお供えしているのか?

写真

作ってからあまり時間が経っていないと思われるお供えもあった。

やはり葉巻きか噛みタバコのようなものではないかと思う。

写真

建物の外には、日本でいう「精霊棚」(もしくは「餓鬼棚」)のようなものがあった。

写真

竹で編まれた小さな区画が連続してできている。

写真

ひとつの区画ごとにおこわ状のものがお供えされていた。

こうしたものは「精霊へのお供え物」である。日本のお盆が仏教とは異なる要素を持っているように、ミャンマーの精霊へのお供えも上座仏教とは別の宗教心からくるものだと言っていいと思う。

写真

紙と糸で作られた繊細な飾りものが精霊棚に取り付けられている。

写真

寺の仲見世で売られている奉納用の笠の細工にも似ている。

写真

小さな祠の前に、四角のコンクリのタタキが作られていた。伏して拝む場所だと思う。

写真

ほかにもクレーターのような形状のものがある。水をためて何かをするのだろう。

このパゴダ、建物や境内は地味だが奉納物が面白い。そしてまた新たな謎が増えてしまった。

(2015年04月30日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット