サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の気球祭りラカナ・コクメイ橋

ラカナ・コクメイ橋

幅員60cm、欄干のない美しい橋。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

ノゥトゥディ山脈の西麓を南下。

場所はちょうどコウカッタン洞窟寺の東側、ラカナ村である。以前、ラカナ橋を見学したその対岸に、いま来ている。

静かで美しい村だ。

写真

そのラカナ村の最南端に小さな橋があることは、GoogleMaps の航空写真で事前に調べて知っていた。これからその橋へ向かう。

橋の名は「ラカナ・コクメイ橋」。

ラカナ村と、AH-1号線沿いのコクメイ村とをつなぐ最短ルートになる。

周囲の水田はいかにも東南アジア、という風情が満点。観光で来てもいいのではないかというような橋だ。

写真
写真

橋脚はレンガ積みで、その上に擁壁に使うようなコンクリート板を渡して作られている。

橋長は約300mほど。

写真

橋の幅は推定2フィート(約60cm)。近くにあるラカナ橋の1/3くらいの幅しかない。

これまでに見たコンクリート橋では最も狭い。

写真

実はこの橋で、忘れられないような経験をした。

この日の帰路で、対岸のコクメイ村側からもう一度この橋へ来てみたのだ。

左写真はコクメイ村側からの様子。橋の付け根のあたりは、幅が倍くらいある。そのときなぜか、「スクーターに乗ったまま渡れるんじゃないか?」と思ったのである。

写真

よく考えずに、スクーターで二人乗りのまますぅーっと橋の上へ走り出てしまった。

だが、途中で橋の幅が半分に!

えっ? やっぱり無理!

と、思ったときにはすでに手遅れ。あまりの狭さに脚をつくこともできず・・・

写真

うあぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああ

せめて、ギアを一段下げてから走り出せばよかった!!

ギアチェンジどころか、ギアの段数を確認するためにメーターを見ることもできない。

目は路面に釘付け、まばたきしただけで転落する!!

写真

橋げたのちょっとした段差がおそろしく、全身の血液がアドレナリンで沸騰しているのがわかる。両腕のコントロールがおぼつかない、ハンドルを固定しているのがやっとだ。時間が引き伸ばされたように感じる。

「スピード落とすな、少しでも遠いところを見ろ、スピードを落とすな…」と、1秒のあいだに何度も何度も繰り返すように念じながら走る。

写真

あーーーーっ!!

なんとか300m走りきった!

たとえではなく、心臓が口から飛び出そうになった。

たぶんこの橋は地元の人たちはバイクで渡るんじゃないかと思う。もしかして落ち着いて試してみたら、案外簡単に渡れるのかも知れない。でも、もう一度やれと言われてできるかどうか。

写真

橋のたもとで見かけた丸木舟。

写真

舳先(へさき)に穴が空いていて、竹竿を刺して係留する。

合理的にできてる。

写真

コクメイ村側で、子どもたちが泥んこ遊びをしていた。

何か作って見せてくれるようだ。

写真

できたっ!

何だろ、これは。

ミャンマーの子どもたちでは定番の遊びなのか?

写真

コクメイ村側の風景。

(2014年11月23日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット