サイトロゴ

ホームミャンマーモン州タトンへの遠征ディーリィヤッダナーパゴダ

ディーリィヤッダナーパゴダ

広大な田んぼの中に建つ質素な僧院。

(ミャンマーモン州モーラミャイン)

地図・MAP
 
   
写真

カァヨン洞窟寺などがあるカラゴン村まで戻ってきた。

この辺りには人家がまったく存在せず、ジャイン川南街道は数キロ続く直線で田んぼの中を横切っていく。

写真

その人家がない区間に、唯一あるのがこの建物である。

平面が円の茶堂と考えていいのではないか。

柱が5本なので、これがもし五角形だったら、当サイトでは初めて収録される「五角堂」になるのに惜しい。

写真

この建物は、道の向かいにあるお寺の参拝客のための、休憩所かバス停のようなものだ。

街道から寺までは500mの参道があるが、なにせ周囲は水田なので見通しがよく、寺には大した建物もないことはわかっている。でも、すでに何度かこの前を通っているので、せっかくなので参詣してみることにした。

参道の入口には逆さ懸魚型の山門があり、その左右には傘蓋仏(さんがいぶつ)と誕生仏。この街道沿いには傘蓋仏が多いなぁ。

写真

誕生仏はなぜかゾンビみたいな色で塗られていた。

写真

お寺までつづく参道は、典型的な田舎のあぜ道。

思えば私はこういう道が好きなのかも知れない。

照りつける太陽の陽気さと裏腹に、誰もいない寂しい感じが好きだ。ミャンマー的な風情。簡素な電柱がこの上なくいい味を出しているではないか。

写真

パゴダは周囲にわずかな敷地があるだけで、田んぼの中にぽつんと建っている。

写真

建物といえば、僧房というか日本で言えば庫裏っぽい建物がひとつあるだけ。

寺の名前は「ディーリィヤッダナーラパトゥカセディド」とのこと。長いので「ディーリィヤッダナーパゴダ」とした。

写真

パゴダの前には5体の仏陀が横に並んでた。

これまでにあまり見ない配置だ。

写真

ここにも傘蓋仏がある。

各仏陀の前には、仏陀にかしずいている人の像。何かの説話なのだろうか。

写真

こちらではゾウとサルが仏陀にかしずいている。

ゾウは筒を捧げているが、これは花差しではないか。

サルが持っている物体が謎で、見たイメージをそのまま言うなら「串に刺した心臓」だ。ジャータカの物語にそんな話でもあるのか?

写真

パゴダはシュエダゴンパゴダ風のシルエット。

ペンキが剥げてきており、そろそろメンテが必要そう。

写真

寺の敷地の東に正方形の池がある。

階段井戸的な要素も感じるのだが、残念ながら実際には四角い貯水池としか言えないものだった。

写真

その池には浮御堂があり、定番のシンウーパゴが祀られていた。

写真

顔の向きはよくある右向き。

(2015年11月29日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット