サイトロゴ

ホーム四国と関西の滑り台八幡神社の擬木台

八幡神社の擬木台

デッキだけが本物の木製の擬木台。

(徳島県石井町浦庄諏訪)

地図・MAP
 
   
写真

石井町の神社巡りをしていて見かけた滑り台。諏訪神社の境内にある。私が「滑り台保存館」を知る以前に気付いていた数少ない物件。手作りの一点ものだという点と、かなり劣化している様子を見れば、滑り台ファンでなくとも記録せずにはいられないだろう。

樹のテクスチャをもったコンクリート製の滑り台である。いや、むしろ機能的には「滑らない台」といった方が適切かも知れない。滑降部はザラザラでの“おろし金"のようで、座ろうが立とうがまったく滑ることができない。

写真

登り方ははしごとネット。ネットは帆船のマストに登るときに使うような感じのもの。だいぶくたびれているがまだ腐ってはいなかったので登ることはできそうだ。

だがいずれにしても幼児には難易度が高いかもしれない。

写真

基部は通り抜けできるようになっていて、内部も樹のウロを思わせる造形になっている。

左写真の背後に見える“固定円木"もコンクリートで作られた擬似丸太だ。滑り台と一緒に設置されたものだろうか。

境内はクスノキなどが生い茂るいわゆる鎮守の森だが、そもそも石井町はそれなりに緑の多いところなので、遊具をあえて樹に擬態しなくてもいいと思う。周囲に溶け込んでしまうため、遊び場としての華やかさに欠け、さびしい空間になってしまっている。

写真

登って見るとデッキには本物の木でできたスノコのようなモノが敷いてあった。

(2003年08月24日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット