サイトロゴ

ホーム四国と関西の滑り台金長大明神の三連装

金長大明神の三連装

三連の開放デッキ型ステンレス台。

(徳島県小松島市中田町脇谷)

地図・MAP
 
   
写真

小松島市の市民運動公園の脇に「金長(きんちょう)大明神」という小さな神社がある。金長は四国では有名なタヌキ。義理と人情にあつい大親分で、徳島の名だたるタヌキのなかでも一番の人気のタヌキだ。(この感覚は関東で言えば国定忠次に近いものかもしれない。)

神社はいずれ紹介するとして、今回はその境内にある公園の遊具を紹介する。

写真

この公園の主役は、三連の滑り台である。

2003年ごろの滑り台観察者たちの間では2連滑り台が数多く発見されているので、いずれ3連の台が見つかるのではないかという期待があった。

これはその期待の中で初めて発見された三連装滑り台なのである。滑り台保存館#300として当サイトが典拠になっている。

写真

その後、blog等で遊具を紹介することも一般化し、より多くの並列滑降部を持つ滑り台が見つかっている。最新鋭の設備を含めれば4連~6連までは確認できる。

滑り台保存館では失われつつある滑り台の保存が趣旨であるから最新鋭の遊具は対象外となるが、いずれ当サイトでも滑り台保存館に収蔵するにふさわしい5連滑り台を紹介できる予定だ。

写真

形からいえば、開放デッキ・サイドアーチ型滑り台の3連結と言っていいだろう。

後ろから見たところ。タラップ部はほぼ密着している。壮観な眺めだ。

写真

柱はデッキ部の下とスロープの途中にあるのだが、梁は通しになっていて、柱は共有だ。

つまりこの滑り台は3台の滑り台をただ並べたというのではなく、もっと強い結合をしているのである。

写真

デッキの縞板は1枚のつながった板である。

いたるところ錆が浮いているので、ペンキの塗り直しなどが望まれる。

滑降面の状態は良好。ペンキさえ塗っていればまだまだ現役を続けることができそう。

写真

タラップはL字鋼を交互に溶接したような造りになっている。

写真

この公園の他の遊具も見てみよう。

写真

風車イス。イスに座って中心のハンドルを手で引くことで回転することができる。

類似遊具で、中央のキャップが取れていているところに指を入れた子どもが指を切断するという事故を起こしている。普通に遊んでいても回転させすぎると遠心力で子どもがはじき飛ばされるということが普通にありそうなので、狩られてしまうのではないかと心配な遊具のひとつである。

写真

遊動円木の骨。

写真

箱ブランコの骨。

写真

円柱型のジャングルジムと鉄棒。

ジャングルジムはUFOとか月着陸船をイメージさせる。

写真

雲梯とラクダのライド。比較的新しく設置されたものだ。

この公園の古い遊具は、三連滑り台、風車イス、円柱型ジャングルジムだけになってしまっているが、いずれも個性的な遊具だ。古い公園だが見どころは多いと思う。

(2003年09月14日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット