サイトロゴ

ホーム松江から鳥取へ(5日目)不入岡の石仏

不入岡の石仏

阿弥陀如来に祈る僧を描いた珍しい石仏。

(鳥取県倉吉市不入岡)

地図・MAP
 
   
写真

定光寺を出て少し走ったところで、不入岡(ふにおか)の石仏というものがあるというので、立ち寄ってみた。

私は特に石仏好きというわけではなく、たまたま気が向いたというだけである。

舟形の光背の石仏で、上下に2つの像が彫られている。上は阿弥陀如来、下はこの石仏を奉納した人物と思われる。珍しいデザインだ。下の人物の墓か?とも思わせるが、石碑に「願主・道意」とある。「永和元年」とも彫られていて室町時代の石仏だとわかる。

文化財の案内によれば、道意とはこの地方の武士、名和長年の四男の法名と一致するという。

写真

(2005年05月04日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット