サイトロゴ

ホーム松江から鳥取へ(5日目)轉法輪寺

轉法輪寺

密教様式と思われる奇妙な形の本堂。

(鳥取県琴浦町別宮)

地図・MAP
 
   
写真

転法輪寺、宗派は天台宗。

大日寺観音寺と同じく、平安時代の創建の古刹で、全盛期は山岳仏教の霊場だったという。この寺のある谷の奥には大山滝という名瀑がある。大山の北東麓には仏教文化が栄えた時代があったのだろう。

なお、空也上人がこの場所でなくなったという伝説を持つ。

写真

山門は薬医門。

門を入るとすぐ庫裏になっている。

写真

この薬医門の桁の上の蟇股には眠り猫がいる。

写真

本堂へは庫裏から右方向へ参道がある。

天台宗の古刹にありがちな、横並びの伽藍である。

途中に土蔵。

写真

本堂は石垣で高くした平坦地にある。

写真

短い石段の先に本堂が見える。

こうした敷地の造成や配置からも、この寺がかつてかなりの隆盛をほこったことがうかがえる。

写真

本堂は入母屋妻入り、周囲に濡れ縁を廻すというめずらしい作り。

みたところ正面1間の壁は後補で、もともとは1間を吹き放ちとした密教様式の堂だったのだろう。

写真
写真

軒下には座棺輿と思われるものが2基収納されていた。

写真

参道の右側のコロビの大きな鐘堂。

新しい建築である。

写真

参道の左側には同じようにコロビの大きな香炉堂。

こちらは鐘堂よりは古く、戦前か明治くらいはいきそう。この堂のデザインに合わせて鐘堂を設計したのだろう。

写真

境内には県指定天然記念物の大銀杏がある。

写真

境内をさらに右のほうに進んでいくと、五輪塔が建ち並ぶ竹やぶがある。古い墓地のようだ。

この場所には駒形の石碑に五輪塔を刻んだ形の墓石がみられる。

写真

奥にみえるのは古布庄(こうのしょう)神社。天台宗横並び伽藍を構成する鎮守社とも見なせるが、一応、ページをわけて紹介することにした。

この墓地のある竹やぶは、転法輪寺よりは古布庄神社に近い場所になる。

(2005年05月04日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット