サイトロゴ

ホーム南関東・小さな旅穴澤天神社

穴澤天神社

水浸しの洞窟の見学にはちょっと勇気が必要だ。

(東京都稲城市矢野口)

地図・MAP
 
   
写真

穴澤天神社。よみうりランドの北側の山麓にある。「穴澤」という名前を聞いただけで、すでに要チェックな神社なのだが、案の定この神社にも地下霊場がある。

あまり知られていないスポットだが、弁天洞窟に立ち寄ったあとは、ぜひ穴澤天神社にも足を伸ばしたい。

写真

京王よみうりランド駅前から東へしばらく進むと、ガードをくぐって山に登る道がある。車で侵入するのをためらうような細道だが、その道が参道だ。

上り詰めると広い境内があり、駐車が可能。

写真

境内は拝殿、本殿(左写真)、水盤舎、神楽殿(下左写真)、社務所。

写真

他に末社数軒(下右写真)。参道入口の心細いの雰囲気とは裏腹に、立派な社殿が建ち並んでいる。

写真

さて、問題の地下霊場は境内から山を下ったふもとにある。

途中には湧き水があり、ペットボトルに水を汲む人がひっきりなしに来ていた。

飲んでみたがあまり美味しい水とは思わなかったが。

写真

霊場の入口には鳥居が立っているのですぐわかる。

洞窟の入口は水浸しになっていて、弁天社と思われるほこらが祀られている。

写真

洞窟へは飛び石を伝って入らなければならない。

珍寺大道場の小嶋氏の調べによれば、この洞窟は胎蔵界、金剛界と呼ばれ、威光寺の弁天洞窟の十五童子の石仏は、もとここに安置されていたものという。

子供が探検ごっこをしていた。

写真

洞窟に入ってみよう。

洞窟はあまり深くない。奥行きは10mほどか。天井から滴がたれてくるし、壁面は酸化鉄でどろどろしていて、服を汚さないように細心の注意が必要だ。

江戸のエロ川柳に「弁天の岩屋泉の湧くところ」って言うのがあるが、この洞窟ほど言葉通りの洞窟も他にないだろうと思う。

写真

突き当たりにあるのは大日如来か?

もともと弁財天は真言宗によって広まった神様で、大日経の中に多く登場するという。よって大日如来と弁財天は無関係とはいえないのだ。

写真

洞窟の平面図はH型になっている。左写真は折り返し地点。

このあたりでは湧き水が雨のように降っている。服を汚さずに通過するのは至難の業と言っていい。

(2000年03月11日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット