サイトロゴ

ホーム南関東・小さな旅ママ下湧水

ママ下湧水

奇跡のように残された自然の小川。遠からず消滅するだろう。

(東京都国立市谷保)

地図・MAP
 
   
写真

東京都の西部には、府中、国立、国分寺といった住宅地が広がっていて、武蔵野台地という台地になっている。そこを横断する多摩川とその支流の崖線にはまだ昔ながらの自然が残っている場所がある。

そのなかで、私にとってのイチオシの場所が国立市南部の“ママ下"である。左写真でケヤキやコブシなどの落葉樹が並んでいるところが“ママ下"の崖線である。

ママ下の全景

写真

私がこの崖線を推す理由は簡単だ。それは公園化されていないこと。ここでは戦後~高度成長期以来ほとんど変わっていない武蔵野の崖線の風景が残っている。しかもここでは子供たちが虫や魚を捕ったり、泥遊びをしたり、自由に遊ぶことができる。公園とか保全地区になってしまうとこうはいかない。

写真

さて、この段丘は地理上は「青柳段丘」と呼ばれる場所なのだそうだ。ところがこの地方では崖のことを「ママ」と呼ぶことから、この湧水を「ママ下湧水」と言うのだそうだ。そういえば国分寺のほうでは崖のことを「ハケ」と言ったりしている。東京にもいろいろな言葉があるのもだ。

左写真は段丘の上の畑の中へ続いている坂道。後で述べるが、この風景が見られるのもあとわずかだ。

写真

このママ下で圧巻なのは、湧き出した水が集まって作っている小川である。この小川は農業用水に合流する500m程の長さの川なのだが、合流点まで一滴の生活排水も、農業用水も流れ込まないため、人間活動の影響をまったく受けていない小川なのである。

多摩川の中流域で、これほどの川が公園にもならず、あるがままの姿で残されている場所は他にないのではないか。

写真

川面をのぞき込むと水草のあいだに小魚が泳いでいるのを発見できる。まさか、メダカではあるまいが、それでもメダカが生きていてもおかしくないと思えるほど豊かな川なのだ。

写真

川の途中には何箇所か湧水がある。

写真

比較的水量の多い湧水のひとつで遊ぶ子供たち。柵もないし、自由に川に入って遊ぶことができる。

ここに来ていつも思うのは、東京の子供たちだって遊び場さえあれば自然を相手に遊ぶことができるのだということ。

写真

ママ下へ続く道

ところが、ひとつ残念なことがある。左写真で右手に見える土盛りである。国立市は今この崖線を潰して道路を建設しようとしている。おそらく日野方面へつながる新橋への取り付け道路となるのだろう。

写真

うまくすれば静岡の柿田川のように、道路工事にまったく影響されず、川は残されるかもしれない。だが、今度ここを訪れるときに、この自然がそのまま残されているという保証は少ないと言えるだろう。だから、パノラマ写真を含め、このページは写真を多くしておこうと思う。

まぁ、私は国立市民はないので、よその行政のことをとやかく言う気はさらさらないが、どうしてもここに道路を通す必要があるとは思えない。500mほど東を南北に抜ける矢川通りを4車線に拡張すればよいと思うのだ。

国立市にすむ奥様方だって、牛乳パックを洗ってスーパーに持って行ったりしているんじゃないのか、環境のため、とか言いながら。いったい、いま日本人が守ろうとしている「環境」って何なのだろう。

私には常々不思議に思っていることがある。

それは、2001年にもなってなぜ身近な自然環境の破壊が続いているのか、ということだ。高度成長、日本列島改造、土地バブル、幾多の危機を乗り越えて、ほとんど奇跡のように残されたわずかな自然が今これから失われようとしているのはどういうことなのだ。

確かに日本の人口は明治から比べると3倍、国立市に初めて住宅が建ち始めた大正から比べても2倍に増えている。しかし、大阪万博のあった1970年の1億1千万と今日の1億2千万人を比較すると人口はあまり増えていない。加えて1970年当時から比べれば、自然保護に対する機運は高まっているし、大企業の起こす公害問題もほとんどなくなっている。1970年ごろの日本人は、今より色々な汚いものを垂れ流しにしていたし、そこいらにゴミを投げ捨てたりしていたと思うのだ。

ところが、これほど自然保護の意識が高まっているなかで、身近な生態系はどんどん貧相になっている気がする。生物の種類が少なくなっているように思えてならないのだ。1960~70年代を思い起こすと、公害や交通戦争などといった殺伐とした言葉がよみがえるが、それでもなぜか身近な生きものがもっと豊かだったと思う。

いったいなぜなのだろう。人口も増えていない、環境保全の意識も高まった二十一世紀を迎えながら、生態系が消滅するスピードは公害と破壊の時代だった昭和高度成長期からまったく衰えていないのは。

この答えが出ないまま、私たちは二十一世紀も自然破壊を続けるのだろうか。

(2000年03月11日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット