サイトロゴ

ホーム南関東・小さな旅善生寺

善生寺

大仏の基壇に登ると多摩丘陵を一望できる。

(東京都日野市東豊田2丁目)

地図・MAP
 
   
写真

浅川は高尾山に流れを発し、日野市付近で多摩川と合流する大きな支流だ。

その支流の河岸段丘に善生寺がある。

この善生寺を訪れるのは2度目になるが、ひとつどうしても確かめておきたいことがあって立ち寄ることにした。

入口は石造の釘貫門。門の奥には本堂が見える。

写真

写真左は、庫裏と鐘堂。

立派な池がある。

善生寺背後の段丘には、都内でも屈指の湧水といえる黒川清流公園がある。この池もおそらく湧き水ではないかと想像する。

写真

境内にある大黒天。

日野七福神巡りの一つである。

写真

さて、今回どうしても確かめたかったのは、善生寺の裏にある大仏(釈迦如来)だ。

この大仏、寺の裏の土地に建っているが、考えてみると、その立地条件がおおくら大仏に似ているのだ。おおくら大仏を知るまで考えもしなかったことだが、「もしかしたら善生寺の大仏も回転するのではないか」という疑念を持ち、改めて確認に来たのである。

写真

時間はもう5時を過ぎていたので、住職が北門を閉め始めていた。断わって、急いで見学させてもらう。

大仏ができたのは5年前(1996年か?)とのこと。まさかストレートに「回転しますか?」とも訊けないので、「裏の道路から見ると背中を向けてますよね?」などと質問してみると、「2つの方向には向けられないから南向きにした」との答えが帰ってきた。やはり回転はしないようだ。

写真

大仏の下部には、黄金の釈迦如来が。

どうもこの趣味、おおくら大仏と似ているのが気になる。同じ業者が施工したのか?

写真

大仏を横から見たところ。

おおくら大仏を見てしまった今となっては、もはや回転しないのが不思議とさえ思えるロケーションである。

写真

日野市役所のほうから来ると、こんなふうに見える。一度見たら簡単には忘れないような光景だ。

大仏の基壇となっている建物は展望台にもなっていて、南側の多摩丘陵を見渡すことができる。日の出から日の入りまでは北門(写真の左側)が開いていて自由に大仏に登ることができる。

写真

基壇の後ろには輪宝の形をした時計が付けられていて、道行く人に時を告げている。

その時刻もすでに5時半。そろそろ帰路につくことにしよう。

日野から横浜に帰るにはいろいろな道が考えられる。16号線を走れば夕飯を食べる場所には困らないし、多摩丘陵をうねうねと抜けて南武線沿いに進むのもお気に入りルートだ。

この日は橋本のレストランで夕食を食べることにした。そこは何度か入ったことがある店で、スープカレーが美味しいのだった。

(2000年03月11日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット