サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の洞窟寺院コンビニ二階のブティック

コンビニ二階のブティック

カレン色の強い上着や小物を販売している。

(ミャンマーカレン州パアン)

地図・MAP
 
   
写真

パアン大学近くの小規模デパート(?)。パアンには駄菓子屋っぽいお店がそれこそ無数にあるが、ここはそれらとは一線を画した高級店。“湿気ってない普通の塩味の"ポテトチップスとか、“本物の"コカコーラとか、パアン市では貴重な品を売っているので、何度かお世話になった。

そのコンビニには二階フロアがあり、そこで衣料品やオモチャなどを売っている。ある意味小さなデパートと言ってもいいかもしれない。店内はすべて店員さんが随伴して買い物カゴを持ってくれるので、客は買うものを選ぶだけというシステム。

写真

二階売り場。カレン風のツーピース。

上下を同じ布で作るか、あるいは同系色でまとめるのが一般的らしい。

写真

上着だけも売っている。

ここで売ってる上着は、刺繍が手仕事だ。

写真

草の種を縫い付けた刺繍。

この草の種を縫い付ける飾りは、民族博物館でみた古布でも使われていた手法。

色使いは現代的だが、カレン族の伝統的な手仕事の衣料品を売っているのを初めて見た。

写真

【参考】

これが、民族博物館に収納されていた古布。学芸員さんがケースを開けて近くで見せてくれた。カレン族の古布は、だいたいこんなふうに赤、青、白の色使いのようだ。

写真

ジュズダマの草の実のようなイネ科の実を縫い付けて模様を作っている。

ほかの模様も、織りではなく刺繍で作られている。

写真

この細いのも草の種。

写真

男性の上着。

タテの青縞は、博物館で見たかぎりでは、パアン地方に住む Toe Kai 族というカレンの一部族が好むようだ。

ただしその博物館だが、展示物やパネルの英語のスペルが微妙なのが多く、どこまで信じていいのかわからないところもあるのだが・・・。

写真

胸のシンボルマークは、「カレンの陣太鼓と水牛」ではなく、「カレン民族同盟」の旗という一歩踏み込んだデザイン。

カレン民族同盟(KNU)とは、カレン民族の自治独立を標榜する反政府組織である。カレン州で最後まで内戦を続けたのは、カレン民族同盟の擁する戦闘部隊「カレン民族解放軍」だったのだ。この店にはほかにもKNUのTシャツとか小物といった“とんがった"商品が売られている。お土産にKNUマークの入ったTシャツを購入。

写真

あのビクみたいな小物入れもいろいろ売っていた。

ガラスケースに入っているということは、これは高級品なのか。

写真

作りはミャンマーのものにしてはわりと丁寧で、長く使えそう。

写真

シャンバッグ。

写真

この“はちまき"は、カレン族の女性が頭に巻くもの。巻き方を訪ねたら店員さんが実演してくれた。

男性の場合はもう少し太いターバン風のものを巻くようだ。

写真

カレン風の織物によるストール。

熱帯の国なのでストールが必要なのかどうかはわからないがお土産に購入。

このブティックの二階は、現地のものを買い求めるのにはいいかもしれない。

(2014年02月14日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット