サイトロゴ

ホーム県都前橋生糸の市前橋蚕種

前橋蚕種

前橋南部に出荷していた蚕種組合だった。

(群馬県前橋市後閑町)

地図・MAP
 
   
写真

春日神社からほど近い集落に「前橋蚕種」という会社が地図に載っているので行ってみた。

この周囲は水田地帯だが、群馬県の平野部はコメと麦の二毛作なので、5月は麦の穂が一面に広がっている。

写真

集落の中心部にあるちょっと雰囲気のある辻。

写真

その辻から北へ歩くと、三つ櫓を載せた立派な養蚕農家が見える。

写真

「有限会社 前橋蚕種」という会社の所在地である。立派な建物だが、どうも蚕種会社のたたずまいとは違う。

ご主人がおられたので話をうかがった。

写真

前橋蚕種はもともと南東に3kmのところにある、ホームセンター「セキチュー」の場所にあって7棟くらいの施設があったそうだ。昭和6年の創業で、蚕の卵を生産し農家に卸し、繭になったものを買上げて販売していたという。蚕種会社というと、蚕種の販売だけをしていたのかと思ったが、どうやら繭の仲買いも事業としてやっていたようだ。販売先は粕川村など東毛が主だったという。

2003年に廃業して、現在は不動産業に業種転換して、「前橋蚕種」という名前だけが残っている。

写真

この場所は、その経営者の実家の養蚕農家だったのだ。

軒先には、繭品評会に入賞した賞状が沢山貼られていたので、大規模で上手な農家だったのだろう。

写真

蚕種会社の施設を取り壊したときに、外してきた表札がいまでも置かれていた。

もともとは、協同組合だったのか。

写真

ほかに「前蚕」と印字された収穫カゴもあった。「前橋蚕種」を略して「マエサン」と呼ばれていたのだろう。

(2014年05月03日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット