サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州の気球祭りピンウールィンのセーター店

ピンウールィンのセーター店

ミャンマー製ニット製品が充実している。

(ミャンマーマンダレー管区ピンウールィン)

地図・MAP
 
   
写真

ピンウールィンの時計台の近くのブティックに立ち寄った。

まず目立つのがニット製品。この町の特産品だ。

マンダレー管区は亜熱帯の国ミャンマーでも特に暑さが厳しいところだ。だがここピンウールィンは標高が高いため、暖かい服装が必要である。

実際、夜間などは底冷えし、ダウンジャケットを着ていてちょうどよいほどである。

写真

この並びには、何軒かのブティックがあった。

写真

これらのセーターはすべてミャンマー製だろうと思う。

そして、カレン州で見た染織の状況と仕上がりの出来具合から類推するに、すべて近郊の村で作られている手編み製品ではないかと思われる。

写真

色使い的に、着こなしが難しそうなセーターの割合が高い。

ただ、ミャンマーというお国柄では、日本の感覚で服を選ぶととても地味な装いになってしまう。現地で着てこの国の風景に溶け込もうと思ったら、派手すぎると思うものを買ってちょうどよいくらいだ。

写真

でも、それをふまえても、着こなしが難しそうなサマーセーターの数々。

写真

中々オリジナリティにあふれる縫製になっている。

見ていて楽しい。

写真

「あれーっ、けっこういいストールあるョー」

通訳さんが興奮気味。

中国から陸路で入ってきているものだが、値段は日本で買うよりもずっと安かった。

写真

店内にはたくさんのニット製品が下げられ、積み上げられ、活気に満ちていた。

私が子供のころの町の洋品店はこんな感じだったな。

(2014年11月28日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット