サイトロゴ

ホーム松江から鳥取へ(5日目)大山寺・本堂

大山寺・本堂

大山寺の寺としての中核部分。

(鳥取県大山町大山)

地図・MAP
 
   
写真

いよいよ大山寺の寺としての本体部分へ参詣する。

門前町の石畳の道を上り詰めると、山門の楼門が見えてくる。この楼門がユニークで、内部が拝観受付になっている。つまり料金徴収用のゲートなのだ。

山門の手前には大山寺の神社部門への参道との分岐があって、どちらへ進むか迷うが、大山寺を見たあと抜け道で神社のほうへも行けるので、まず大山寺を参詣するのがよいだろう。

写真

拝観料は300円だが、護符と瓦せんべいが付いてきて、多数の仏像が納められた宝物館にも入れるので、割安といえるだろう。

写真

山門をすぎると、石段の途中に水盤舎がある。

写真

さらにしばらく登ると広場に出て、左手に護符売り場のようなものがある。これは伽藍配置図によれば下山観音堂となっている。

写真

広場右手には不動堂。

写真

そこからさらに石段を上がると本堂のある広場に着く。

石段を登り切ったところには錫杖型の相輪塔状のものがある。

写真

ここには時代は新しそうな2つの立派な宝篋印塔があり、その間に青銅製の牛の像があった。撫でると願いがかなうとされる。この牛を奉納したのは福田海という牛供養で有名な寺。

写真

石段を上り詰めた正面には鐘堂がある。

間取りがやや大きめで、ずんぐりした印象の鐘堂だ。

写真

鐘堂の後には三寳蔵という不思議な卵塔のようなものがある。きょうは定光寺でも似たようなものを見た。同じ意味のものなのだろうか。

写真

本堂は石段を上った場所からは左のほうに見え、しかも、本堂の横が見えるという配置。

本堂の正面は崖でRC造の舞台になっている。

写真

本堂は正面5間、奥行6間の長方形の宝形造。正面には3件の唐破風向拝がある。

本堂は昭和3年に焼失、昭和26年に再建されたもの。

写真

新しい建物とはいえ、立派な材木を使い木割りも太く、堂々とした建物。

写真

木鼻の意匠も古風でシンプルなものだ。

写真

内部は正面2間を外陣、その奥に1間の内陣、さらに奥に地蔵格子の内々陣を持つという、本堂型式と密教型式の折衷様式。

写真

本堂の向拝には賓頭盧尊者が祀られている。

(2005年05月04日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット