サイトロゴ

ホーム尾張・西美濃戒壇巡り(その1)曼陀羅寺

曼陀羅寺

愛知県屈指の名刹。正堂建築の本堂と、多くの塔頭が残る。

(愛知県江南市前飛保町寺町)

地図・MAP
 
   
写真

曼陀羅寺は、多くの文化財を有するこの地方きっての名刹。

境内の一部は曼陀羅寺公園という公園になっていて、とくに藤が有名だという。境内図は小さくてわかりにくいが、茶色の本堂(正堂)を中心にて8ケ寺の塔頭(たっちゅう)(=付属寺院)がある広大な敷地である。

写真

山門。

四脚門で檜皮葺き。左右には築地塀を巡らす。

写真

地蔵堂。(旧曼陀羅堂)

やはり檜皮葺きで県文。建立などが正確にわからないが国重文に近い県文である。

地蔵堂の後方には塔頭が見える。

写真

本堂(国重文)。

この寺では正堂と呼んでいる。お寺の建物というよりは、平安時代の寝殿造りの正殿に近い建物だ。「正堂」という名称も“寝殿造りの御殿"というような意味である。

建立は江戸初期ではあるが、国重文のなかでもかなり国宝に近いほうの国重文であろう。

写真

鐘楼。

他の建築に比べて質素である。なんだか田舎のお祭りの安普請の山車みたいな建物だ。ただし梵鐘は国重文。

写真

境内の塔頭の一つ。

写真

同じく塔頭の一つ。

こういう開放的な境内で、塔頭が点在する地方の大寺院というのは実は私が一番好きなパターンなのだ。

(2000年03月18日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット