サイトロゴ

ホーム花巻・石巻(その3)黒石寺

黒石寺

蘇民祭という裸祭があるという名刹。

(岩手県奥州市水沢区黒石町山内)

地図・MAP
 
   
写真

黒石寺(こくせきじ)。行基が開基、円仁が中興したという伝説のあるこの地方の名刹。

全盛期には48の堂塔を連ねたというがたびたびの火災で衰微し、今は広大な境内が寺の規模を物語るだけである。

写真

駐車場に車を置いて、境内まではすぐ。

短い石段を登ると本堂の屋根が見えてくる。

写真

本堂の薬師堂。寄棟造、円柱で柱は太くて豪壮な堂だ。建立は明治17年。2日目に見た大興寺観音堂と同じ大工が建てたのだという。

写真

本堂の右手にはあやしい2階建の建物。本堂と同じく高橋勘次郎の手になるもの。2階は鐘楼、1階は御供所(ごくしょ)と呼ばれ、蘇民祭とよばれる祭の際、供物を準備する場所になるのだという。

蘇民祭は旧暦1月7日に行われる裸祭で、岡山の西大寺の祭に匹敵する勇壮なものなのだという。

御供所付近の様子

写真

境内の左側には釈迦観音堂。他に宝物館、妙見堂(左写真)、庫裏など。

(2001年08月13日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット