サイトロゴ

ホーム赤城山南麓の稚蚕飼育所河上稚蚕共同飼育所

河上稚蚕共同飼育所

越屋根を載せたブロック電床育飼育所。

(群馬県前橋市河原浜町)

地図・MAP
 
   
写真

前橋方面に戻ってきた。大胡町近辺で、まだ見ていない稚蚕飼育所を友人が見つけておいてくれたので、行ってみることにした。

写真

最初に訪れたのは河上稚蚕共同飼育所。道路に沿った側に配蚕口があるのだが、すぐ前が石垣になっていて、道路からは1.5mくらいの段差になっている。ちょっとここからは登れない。

もしかしたら、この石垣の上から軽トラの荷台に直接、蚕を積み込んだのかもしれない。

写真

南側に下屋があった。

写真

中をのぞいてみると、防毒マスクの吸収缶がいくつも掛けられていた、

稚蚕は病気に弱いため、飼育の前には室内や蚕具を消毒する。消毒にはホルマリンを噴霧する。その作業には防毒マスクが必要なのだ。消毒中の室内の空気を、一息でも吸ったら、涙と咳でたいへんなことになる。

ちなみに稚蚕飼育中にもまだホルマリンは少し残っていて、作業中に目がシバシバすることもある。

写真

建物はブロック積みの壁構造で、赤城南面に多いブロック電床育だが、屋根に越屋根が載っている。

ブロック電床育の典型的な気抜きは換気塔であり、越屋根は珍しい。

(2008年12月31日訪問)

   

関連スポット

この旅で見た他のスポット