サイトロゴ

ホーム山口長門の旅(1日目)

山口長門の旅(1日目)

体調が悪く出立が遅れたため山口県に着いたのは昼過ぎだった。美川町の観光鉱山ムーバレーを観て、島根県の津和野を目指した。

 
   
広域地図

去年の秋の周防地方の旅に続き、2004年のGWにも山口県へ出かけることにした。だが前の週に親不知を抜歯したのがなかなか治らず、体全体がだるい状態が続いている。徹夜走行で未明のうちに現地入りして仮眠したかったところだが、ぐだぐだしているうちに時間が過ぎ、出発を1日延ばすか悩みながら徳島を出立したのは25時過ぎだった。

家を出てからも調子が悪く、香川県の塩江まで来たところでいったん仮眠して朝を迎えた。いつものように高松→宇野はフェリーを利用、船内ではずっと風呂場で過ごした。せめて熱い風呂で心身に溜まった澱を抜きたかったのだ。倉敷付近まで車の窓を開けて走っているうちに少し体調が持ち直し、やっと旅に出てよかったなと思えるようになってきた。

前回の旅で周防地方を見たので、今回は主に長門地方を見るつもり。つまり下関から萩にかけての日本海側が主になる。だがそれを右回り(下関→萩)で見るのか、左回り(萩→下関)で見るのかは、まだ決まっていないのだった。

岡山から広島を経て山口へと向かううちに日が高くなり、このまま下関を目指すと何もしないうちに夕方になりそうだったので、おのずと左回りの旅程が決まった。

最初に目指したのは美川(みかわ)町のムーバレーというテーマパーク。そこから島根県に入りきょうは津和野市付近で宿泊することにしよう。

玖珂鉱山跡・美川ムーバレー(岩国市美川町根笠)閉山した鉱山を利用して作られたテーマパーク。

根笠岩屋観音・護聖寺(岩国市美川町根笠)観音をまつる2つの洞窟と大水車がある。

河山鉱山跡(岩国市美川町小川)鉱山町の面影を残す鉱山。

大井谷の棚田(吉賀町柿木村白谷)石垣で積まれた600枚以上の棚田。

   

他の旅