アガティア洞窟寺

チャウタロン東山にあるのヒンドゥ教の洞窟。

(ミャンマーモン州ムドン)

写真

モーラミャインからムドンへ向かう途中、国道8号線の両側に岩山がそびえる場所がある。ヒメインカネイン村だ。世界最大の寝釈迦といわれる、ウィンセントーヤ寝釈迦の入口の目印でもある。

この2つの小山は、対になっていて東がヒンドゥ教、西が仏教で管理されている。私は2014年に東山西山とも訪れていて、両方とも山頂をきわめたので、堪能し尽くしたという感触をもっていた。

写真

その後、衛星写真を見て山の外周に道路があるのに気が付いた。2014年にいくら本気で観光したとはいえ、あのときは団体行動だったので、この2つの山の外周は改めてチェックしたほうがいいだろう。

それに当時に比べると、この国の空気を肌で感じ、より鮮明に周りのものを意識できるようになっている。何か新しい発見があるかもしれない。

写真

まずは、東側のヒンドゥ教管轄の山へ行く。

写真

山頂に寺院があり、屋根付きの回廊で登れるようになっているので、どうしてもそこに目が行ってしまいがち。

写真

でも、きょうは山頂には目もくれず、山を左回りに巻いていく。

写真

何かあるッ!

「SRI MAHAKURU AGASTHYA CAVE」

洞窟だ! やっぱり勘が当たっていた。

アルファベットで洞窟名が書いてあるけど、正直読めない。アガティア洞窟とでもしておこう。

写真

洞窟は外周道路からすぐに見えるところにあった。

つまり標高は周囲の沖積層と同じレベルである。

写真

洞窟の入口にはお堂がいくつかある。

いずれもヒンドゥ教の祠だ。

写真

洞窟の入口にあったトリシューラ堂。

写真

洞窟の入口にあった行者堂。

写真

中にいるのは、たぶんチャウタロン東寺で見たおじさんと同一だと思う。

写真

洞窟の入口左側には、小さな胎内潜り的な穴があった。

写真

中は通り抜けられるようになっていて、シートがおちていたから瞑想に使っているのだろう。

写真

穴を抜けた先はこんな感じでえぐれている。

石灰岩の山すそが、水流で溶けたような地形だと思う。

写真

では、メインの洞窟へ入ろう。

写真

行者堂の裏側が洞窟への入口になっている。

写真

洞口のフローストーンの上に仏陀が置かれていた。

ヒンドゥ教から見ると、仏陀はヒンドゥの神々の一種として内包される存在。

写真

洞窟はすぐに上りになっている。

写真

ミャンマーの鍾乳洞全般に言えることなのだが、内部は涼しくなく、少しむわっとしている。

写真

支洞に造られた瞑想所。

あまり奥は深くなさそう。

写真

主洞を進んでいく。

写真

天井は低いが、かがめば進めるレベル。

写真

最深部には祠があった。

写真

祀られているのはガネーシャ。

写真

祠の前によくわからないマーメイドガンダムみたいな人がいた。

写真

暗闇に浮かび上がるガネーシャは神秘的。

写真

その後、東山を完全に一周したが、ほかにお寺や洞窟は見つからなかった。

続いて、西山へ行ってみよう。

(2019年07月18日訪問)