上冬原のサイフォン

県道の切り通しに作られたサイフォン。

(大分県豊後大野市緒方町上冬原)

写真

宮崎県を後に大分県へ入った。今夜の宿は長湯温泉なので、県道7号線から県道410号線に分かれて竹田市方面へ向かわなければならない。カーナビに表示されたその曲がり角があまりにも目立たなかったので、少し行き過ぎてしまった。

その結果見えた風景がこれ。

写真

道の両側にコンクリの橋台のようなものがある。

サイフォンだ。用水路が道路を左から右へ横断している。

水面は家の軒先くらいの高さがあり、小さいながらに見ごたえがある。

写真

道路は切り通しのようになっていて、その切り通しを横断するために作られたもののようだ。

土手に上ってみると明渠があったが、水は流れていなかった。

写真

吸い込み口。

とってもシンプルな原理で、機能を体現しているのがサイフォンの魅力だ。

写真

地方の名もないサイフォン、気づいたらなるべく写真に撮るようにしている。

(2012年03月22日訪問)