緑の丘スポーツ公園の木製滑り

まさかの滑降面が木製!

(徳島県阿波市土成町土成北原)

写真

土成緑の丘スポーツ公園は、硬式野球と陸上競技兼用のグランドと、3面のテニスコート、パターゴルフ場のある大規模な運動場だ。

駐車場も充分にあり、地域のスポーツ振興に使いやすい施設と思う。

その運動場の片隅に遊具を集めた児童公園があった。設置されている遊具の種類からみて、施工したのはタカオで間違いない。

写真

遊具を順番に見ていこう。

当サイトでの命名、ボールブランコ。商品名は不明。

写真

一般名称、ターザンロープ。

タカオの商品名は「ロープウェイ」。

写真

2軸三人乗りシーソー。

写真

メーカーのカタログによれば商品名は「トンボシーソー」。

写真

なんだかかっこいい形のライド。

商品名「スプリング遊具・スペースシャトル」。

スペースシャトルっぽさはほとんどないのだが、とにかくかっこいい。

写真

ドロンボー一家ごっこ専用バイク。

商品名「クルクルパトロール」。

写真

商品名は不明。当サイトでは「人間回し車」。

野心的ですごく面白い遊具なのだが、どうしてもローラーを保持している部分への巻き込みが懸念される。タカオのサイトを見ても掲載されていなことから、現在では販売していないのではないか。

写真

正確な商品名は不明だが、於安パークの案内板によれば「くるくる円盤」。

写真

商品名「ジャイアントブランコ・海賊」。

写真

ホッピング遊具。

現行製品とは若干異なるが、現在は「ジャンプ円盤」という商品が売られている。

写真

この円盤の上部のロゴは大永ドリームのもの。以前、向麻山公園で見たものと同一の遊具だがロゴが違っている。

オリジナルはどこの製品なのだろうか。

写真

さて、ここまでは比較的新しい遊具で、他でも見られるような遊具だった。

この園地で特筆すべきものは、この木製複合アスレチック遊具だ。

写真

何がすごいって木製の滑り台があるのだ。

なんと、滑降面までが木製!

当サイトではすでにミャンマーの木製滑り台を紹介しているが、私がこれまで日本で見た木製滑り台はここだけである。

写真

たぶん滑れるのだろうけど、トゲが刺さりそうでいやだ。

しかも滑り終わりにカーブや平坦部がなく、そのまま地面になっているので、勢いよく滑ることもできない。

写真

この複合遊具には2つの滑降部があり、両方とも滑降面までが木製だった。

地味だが希有な物件であり、徳島を代表する特殊滑り台のひとつと言っていいだろう。

写真

土成町はかつてタバコ栽培が盛んだった場所で、この公園の周囲にもたくさんのベーハ小屋が残っている。これは山ノ本という字で見かけたベーハ小屋。

(2004年03月28日訪問)