サイトロゴ

ホームミャンマーカレン州北部へ

ミャンマーカレン州北部へ

6度目のカレン州滞在。気になっていたいくつかの山に登ってみた。これまでネットではあまり知られていない、カレン州北部の様子も紹介したい。

   
   
広域地図

カレン州はミャンマーの東部、タイと国境を接する南北に長い州である。州都パアン(Hpa-an/ဘားအံ)は、その南北の中心に位置している。

パアン訪問は6度目。3回目の訪問までは州内のめぼしい観光スポットを見尽くしてしまったのではないかと考えていた。だが現地の地理に詳しくなり、日本の田舎の寺巡りのノリでパゴダを巡り始めてからは、まだまだ見どころは尽きないと確信した。よってこの6度目の訪問でも、数回の休日の出かける先に困ることはないのだった。

今回はパアン市郊外のパゴダのある小山にいくつか登るつもりだ。その中で絶対外せないのは、市の東部15kmほどのところに突如として出現したデートスポット、トゥンウェン山パゴダだ。

トゥンウェン山は急峻な岩山だが、最近山頂が整備され登りやすくなった。パアンの若者たちがしきりにfacebookに自撮り画像を紹介するようになり、私も存在を知った。そのブームは日本でいう流行り神に近いかもしれない。

そのほか、今回はカレン州のパアン市から離れた各地を訪問したので、少しだが紹介しようと思っている。多くは観光で訪れるような土地ではなかったが、北部のタンダンジー(Than Daung Gyi/သံတောင်ကြီး)はいずれ、日本人が訪れるスポットになりそうなポテンシャルを感じられた。

パアン・モーラミャイン街道の茶堂(カレン州パアン)オシドリのモチーフが見られる。

ノゥンタロン村の五連パゴダ(カレン州パアン)畑の中にあるパゴダの廃虚。

パヤーナズゥパゴダ(カレン州パアン)トンェイン町周辺で最大のパゴダ。

パヤーナズゥ参道の火葬場(カレン州パアン)簡素な構造の窯が2つある。

ディサストンビェパゴダ(カレン州パアン)パヤーナズゥパゴダの山門の横にある小規模なパゴダ。

トンェイン町の火葬場(カレン州パアン)町はずれにある立派な施設。

トンェイン僧院(カレン州パアン)トンェイン町の北のかなめとなる僧院。

トンェイン町(カレン州パアン)パアンの南方にあるサルウィン川の河港町。

トンェインの建材屋(カレン州パアン)インぺの屋根ユニットを売っていた。

トンェイン河港(カレン州パアン)立派な桟橋がある河港。

トンェイン高校(カレン州パアン)木造校舎が立派な学校。

コーノゥインパゴダ(カレン州パアン)仏塔の周囲に8基の奇妙な尖塔がある。

ヤーマニャニッカヤ僧院(カレン州パアン)中国ふう五重の塔がある。

ディタマゥアゥンパゴダ(カレン州パアン)ムチャリンダ仏の池を造成中だった。

イーネィチャンダ僧院(カレン州パアン)平和と繁栄の名を冠したさびしい僧院。

ダマサリ僧院(カレン州パアン)下り斜面に僧房が点在していた。

バーラミーサン僧院(カレン州パアン)山門に木魚堂が接続している。

ピーロンイィチャンダ寺院(カレン州パアン)屋根上に無数の仏塔を載せた二十八仏堂。

ガンダーヨゥン僧院(カレン州パアン)回廊付きの鞘塔を建設中だった。

スッドンピ寺院(カレン州パアン)仏殿と僧房のみの質素なお寺。

ウォイザーリンガーヤ僧院(カレン州パアン)沼の中に浮御堂がある。

僧院の滑り台(カレン州パアン)滑降部が大径のパイプで作られている。

ウィザグー寺院(カレン州パアン)鍾乳洞が奥の院になっている。

ケータッパゴダ(カレン州パアン)馬が座ったような小山に仏塔がある。

ピャーロンコンタイ僧院(カレン州パアン)木造の本堂。裏山の頂上には見晴らし台がある。

モゥクディ山麓の鞘塔(カレン州パアン)村外れの鞘塔と、モゥクディ東麓の道。

続きは執筆中...

     

他の旅