ホーム九州温泉紀行(1日目・2日目)

サムネイル

九州温泉紀行(1日目・2日目)

温泉目当てで大分〜阿蘇地方を旅した。その1日目(移動日)と、2日目の内容。ただし温泉は写真が撮れないので、温泉そのものの記事はない。

広域地図

別府の旅から3年がたった夏休み。再び九州へと向かった。今回の目的は大分、熊本の観光地を巡りながら、温泉を堪能すること。3泊4日の旅で3泊とも旅館を予約済みという、私にとっては快挙ともいえる旅行なのだ。10年ぶりぐらいじゃないか? 全日程の宿が決まっているのって・・・。

1日目は徳島からの移動日で、別府に到着してそのまま宿泊。泊まったのは別府保養ランド。この宿には紺屋地獄と呼ばれる温泉の源泉が付属していて、そこから注がれる新鮮なお湯は泥沼の巨大な混浴露天風呂になっているのだ。日本最高の濁り湯で、私的には別府のマストといえる湯である。前回は日帰り入浴だったが、今回は宿泊。最高の源泉を持ちながら1泊が1万円以下(2022年現在6,500円)と、恐ろしいほどにリーズナブル。

ただ宿泊の施設は古く、値段相応。予約に際して電話口で「ウチは設備が古いですよ?」と念をおされたほど。でも前回のように別の宿に泊まって、結局泥湯に外湯で入りに来るのであれば、もう別府保養ランドに宿泊して、紺屋地獄の湯を堪能し尽くしたほうがいいだろう。お湯は、湯治宿ふうの(泥沼ではない)内湯のコロイド湯と、野外の露天風呂の泥湯。泥湯エリアは完全に混浴。脱衣場は別々でお湯は濁っているから、女性にとっては他の混浴露天風呂に比べれば敷居は低いが、はっきり言って泥沼みたいなところなので、ヌルヌルの泥の中に落ち葉などが沈んでいたりして潔癖症の人には厳しいかもしれない。

2日めの宿泊地は長湯温泉の中村屋。湯治宿のような素朴な旅館。露天風呂は炭酸泉の濁り湯で、析出した成分が浴槽に分厚い縁取を造り原型がわからないほど。長湯温泉は炭酸泉で、日帰り温泉施設のラムネ温泉で購入した飲泉カップはいまでも温泉へ行くときの必需品。夜、外湯で入った七里田温泉下ん湯は炭酸泉の泡付きがすさまじく、首まで浸かると炭酸ガスでむせるタイプの湯。しかもぬる湯ときている。この下ん湯は私がこれまでに入ったすべての温泉の中で一番好きな温泉だ。近県に住んでいたら狂ったみたいに行ってしまいそう。ただ他の温泉でカギを借りて入りに行くというシステムがちょっと一見さんには敷居が高い。また炭酸ガス濃度が高くなりすぎて休館することがあるようだ。

続きは執筆中...