2020年10月18日 更新

日本すきま漫遊記

ただいま 3110 スポットを紹介しています

更新情報

10月18日

ヤテピャン通りの土パゴダを登録。ミャンマーの旅行記完結。 しばらく更新をお休みします。再開は11月を予定しています。

10月17日

ヤテピャン水没洞窟を登録。

10月16日

ヤテピャンのレンガ工場を登録。

当サイトの更新情報は、twitter の https://twitter.com/_fukakusa にてお知らせしています。

(10月18日)

アイコン

ミャンマー・最後の洞窟寺院

2014年から6年間、何度かカレン州を訪れ近郊の洞窟寺院を見てきた。だがどうしても見つからない洞窟寺院がひとつあった。

アイコン

ミャンマー・2度目の雨季

雨季にミャンマーを訪れるのは2度目になる。とにかく、仕事をするにも休日に出かけるにも厄介な季節だ。

アイコン

ミャンマー・パアンの新名所

カレン州の州都パアンに縁ができて5年がたった。その間、市内には新名所が誕生している。そのいくつかを訪れる。

アイコン

ミャンマー・カレン州北部へ

6度目のカレン州滞在。気になっていたいくつかの山に登ってみた。これまでネットではあまり知られていない、カレン州北部の様子も紹介したい。

アイコン

ミャンマー・モン州タトンへの遠征

カレン州5度目の滞在。パアン市内には見るものが少なくなり、隣のモン州へ遠征することにした。古都タトンはいまは面影がないが、かつて王朝が栄えた土地だ。

アイコン

ミャンマー・水掛け祭りの頃

暑季、ビルマ暦の新年を告げる水掛け祭りが全国で行われる。4度目の訪問でカレン州にはもうあまり見る場所がないかと思っていたのだが・・・

アイコン

ミャンマー・カレン州の気球祭り

カレン州3度目の滞在。11月上旬は乾季を待ちわびたように、満月祭、カレン州祭りなど祭りの日々がつづく。

アイコン

ミャンマー・カレン州の雨季

カレン州2度目の滞在。雨季のわずかな晴れ間に寺巡り。パアン、タトン、モーラミャイン、バゴーなどの寺々を訪れた。

アイコン

ミャンマー・カレン州の洞窟寺院

ミャンマーの南東部カレン州の州都パアン市で1ヶ月すごした。周辺は石灰岩の山がそびえ、鍾乳洞を利用した洞窟寺院が無数にあった。

アイコン

幻の土中育を求めて

養蚕の一手法「土中育」。もう存在しないという事前調査だったが、自分の眼で確かめるため一泊二日で島根県を目指した。

アイコン

県都前橋生糸の市

かつて生糸の産地として名をはせた前橋市。2010年を過ぎてから、その面影を探してみた。それはまるで渇いた雑巾を絞るような旅だった。

アイコン

吉井・高崎・藤岡方面の稚蚕飼育所

群馬の稚蚕共同飼育所めぐり計画第1期の最終章。吉井では、蚕に障害が出やすい葉たばこの生産と養蚕を同時に行なった地域もあった。

アイコン

下仁田・富岡・甘楽の稚蚕飼育所

鏑川の上流部〜中流部(下仁田、富岡、甘楽町)で稚蚕飼育所を探した。他の地域に比べると、そのままの姿で放置された施設が少なかったように思えた。

アイコン

碓氷方面の稚蚕飼育所

碓氷方面(安中、秋間、松井田、妙義)の稚蚕飼育所巡り。碓氷地方は土室電床育の遺構の宝庫だった。

アイコン

榛名山北東麓の稚蚕飼育所

前回の飼育所巡りからはや1年が過ぎていた。前回の旅に続き、榛名山麓の吉岡町、榛東村、渋川市、東村、吾妻町を訪れる。

アイコン

榛名山南麓の稚蚕飼育所

GWを群馬で過ごした。前橋市西部と高崎市北部の稚蚕飼育所巡り。

アイコン

赤城町の水車跡群

稚蚕飼育所巡りの合間に、赤城町で水車小屋巡りをした。ついこのあいだまでたくさんあった水車は、すべてなくなっていた。

アイコン

赤城山南麓の稚蚕飼育所

群馬県赤城山麓の稚蚕共同飼育所を巡った。

アイコン

藤岡から小川町へ

関東山地の北部を縦断。藤岡市から秩父市を経由して小川町までの小旅行。お目当ては秩父市吉田町石間の急傾斜の集落。

アイコン

大山・出雲の旅(3日目)

旅の最終日、島根半島の東半分、美保関あたりを半日観光。

アイコン

大山・出雲の旅(2日目)

気になっていた島根半島の西半分を少しだけ探索。鰐淵寺、出雲大社など定番の観光地も巡った。

アイコン

大山・出雲の旅(1日目)

GWに引き続き、夏休みにも島根を訪れた。初日は前回の島根訪問で行けなかった伯耆大山の登山と清水寺の三重塔を参詣した。

アイコン

松江から鳥取へ(5日目)

旅の最終日。鳥取から松江へ戻りながら、伯耆大山の大山寺を訪れる。

アイコン

松江から鳥取へ(4日目)

鳥取市を中心に回廊寺院巡り。夕方ごろから県の南東部のほうへ行ってみたが、ちょっと時間切れの感はいなめなかった。

アイコン

松江から鳥取へ(3日目)

はじめての鳥取県観光。関金温泉を起点に、倉吉市、三仏寺をみて鳥取市に宿泊。この日の見どころはやっぱり国宝の三仏寺投入堂だろう。

アイコン

松江から鳥取へ(2日目)

雨ばかりの一日であまり活動できなかった。出雲の著名な祈祷寺の一畑薬師、パワースポット八重垣神社などを訪れ、夕方には安来清水寺へ。

アイコン

松江から鳥取へ(1日目)

松江市内をのんびり観光し、夕方ごろ大根島へ行ってみた。

アイコン

新田荘・湧水の里

新田町の湧水巡りに出かけたが、そこに待っていたのは豊かな水のイメージとはかけ離れた残念な光景だった。

アイコン

四国の時計台

徳島県を中心として、四国で見かけた時計台を紹介する。

アイコン

山口長門の旅(4日目)

旅の4日目。下関市を起点に、山陽町、小野田市、宇部市と海岸沿いを進み、秋穂町で夕方を迎えた。

アイコン

山口長門の旅(3日目)

旅の3日目。長門市から下関市までの行程、きょうも寺巡りだ。雨でテンションも下がり気味。

アイコン

山口長門の旅(2日目)

島根県の津和野町から、海岸線に沿って萩市、長門市を訪れた。一般には町並み観光のコースとなるのだろうがお寺ばかり見ていた。

アイコン

山口長門の旅(1日目)

体調が悪く出立が遅れたため山口県に着いたのは昼過ぎだった。美川町の観光鉱山ムーバレーを観て、島根県の津和野を目指した。

アイコン

山口周防の旅(4日目)

山口県周防地方の4日目。山口市、防府市の著名な寺社を巡り、帰路につく。夕日が落ちるころ、県東の小さな半島にたどりついた。

アイコン

山口周防の旅(3日目)

山口県周防地方の3日目。日本最大のカルスト台地、秋吉台を観光。ひとつひとつの場所で時間がかかり、訪問先は少ない一日となった。

アイコン

山口周防の旅(2日目)

山口県周防地方のお寺と石風呂を訪ねる旅の2日目。周南地方の徳山市、鹿野町、徳地町の寺と石風呂を巡る。

アイコン

山口周防の旅(1日目)

山口県周防地方のお寺と石風呂を訪ねる旅の1日目。岩国市の錦帯橋や柳井市の町並み、周防大島と地域の寺々をまわった。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(7日目)

旅の最終日。高梁市と総社市の市街地を観光する。備中松山城や総社宮がきょうの目玉だ。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(6日目)

昨日に引き続き、阿哲台の鍾乳洞を巡る。これで、阿哲台で一般人が見ておくべき鍾乳洞はだいたい見たことになる。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(5日目)

岡山県央の鍾乳洞銀座ともいえそうな阿哲台で鍾乳洞巡り。特に吸い込み穴型の鍾乳洞は、それを見るだけでも人生観が変わるような経験だった。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(4日目)

津山市の北部で水車小屋を探す。偶然に見つけたものも含め、いくつもの水車小屋があった。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(3日目)

津山市の寺町巡り、一日かけてとことん市街の寺を見る。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(2日目)

岡山城を見てから鳥取県との県境付近まで移動する。きょうは移動日という位置づけなので見学予定は少ない。

アイコン

岡山・水車と鍾乳洞を巡る(1日目)

今回の旅は「普通の観光地もちゃんと見る」という趣旨で進めることにする。初日は香川県高松市からフェリーで岡山県に渡り、倉敷の町並みを散策する。

アイコン

四国と関西の滑り台

四国に転居してからまもなく滑り台がマイブームになった。徳島県と大阪府には比較的多くのタコの山が存在している。

アイコン

広島の仏殿と屋根付橋(4日目)

午前中は安芸群島の島で過ごし、午後は広島市内の寺巡り。

アイコン

広島の仏殿と屋根付橋(3日目)

午前中いっぱい竹原市の町並みを散策し、午後から東広島方面の屋根付橋を巡る。3日目にしてやっとこの旅のメインテーマに取り掛かることになる。

アイコン

広島の仏殿と屋根付橋(2日目)

忠海町の背後に屏風のようにそびえる山岳霊場白滝山・黒滝山を登り、旧軍の毒ガス工場があった大久野島へ渡った。

アイコン

広島の仏殿と屋根付橋(1日目)

前年の中国地方の旅のつづき。福山市山野地区では予期せずたくさんの茶堂を見かけた。

アイコン

さよなら関東

2002年の春、転職で関東を離れることになった。関東で過ごす最後の日々がまたたくまに過ぎていくなか、長野、新潟、群馬に出かけた短い旅の思い出。

アイコン

榛名山麓の寺

榛名山麓に伝わる不思議な大寺の物語「船尾記」にゆかりの寺を巡る。

アイコン

初詣:2002

例年あまり初詣には行かないのだが、たまたま弟が遊びにきたので初詣に出かけることにした。横浜から気軽に出かけられる近郊での初詣である。

アイコン

知多・岡崎迷走(3日目)

午前中から岡崎市内の寺を回り、夕刻には乙川上流の額田町へとついた。

アイコン

知多・岡崎迷走(2日目)

常滑、知多、東海近辺の寺を巡る。それなりの数の寺を訪れたが、なぜか心の渇きが癒えることはなく、最後には逃げるようにして岡崎へと向かったのだった。

アイコン

知多・岡崎迷走(1日目)

三たび、三河地方へ。常滑から岡崎へ、コンセプトの定まらない迷走の3日間。初日は半田市へ到着して、寝るところを見つけるだけが目標だった。

アイコン

知多湾周遊(3日目)

3日目。知多半島の南端を目指す。知多半島の南端には貝がら公園というB級スポットがあり、以前から行ってみたかった場所なのである。

アイコン

知多湾周遊(2日目)

2日目。西尾市にある浄福寺大仏という大仏を見て半田市で宿泊という予定。それ以外は全てその場の気分で立ち寄るという段取りだ。

アイコン

知多湾周遊(1日目)

豊川・蒲郡の旅からほぼ1ヶ月後の2001年の11月、私はふたたび豊橋市の土を踏んでいた。

アイコン

豊川・蒲郡(3日目)

宿泊地の豊橋から再び蒲郡へ。渥美湾の海岸線に近い寺を巡りながら吉良町を目指した。少し旅の疲れも出たのでのんびりとした旅程となった。

アイコン

豊川・蒲郡(2日目)

豊川稲荷や豊橋平野北部の寺社に参詣してから蒲郡方面へ向かう。三河湾に面した風光明媚な蒲郡は心魅かれる土地だった。

アイコン

豊川・蒲郡(1日目)

豊川稲荷を目指して出かけるが、出立が遅かったため2~3ヶ寺を見るうちに日が暮れてしまった。

アイコン

3日間仙台一周(3日目)

3日目は仙台の郊外を反時計回りに一周。郊外の寺をまわりながら、初日に見つけられなかった神社を目指した。

アイコン

3日間仙台一周(2日目)

2日目は仙台の市街部の寺町を中心に、心おもむむままに寺巡り。

アイコン

3日間仙台一周(1日目)

お彼岸の三連休を利用して仙台を観光することにした。前日まで仕事が立て込んでいたので初日は仙台市内に投宿することだけを目標にして北を目指した。

アイコン

花巻・石巻(5日目)

石巻市内を見学して帰路についたが、途中で松島の瑞巌寺に立ち寄ってしまった。

アイコン

花巻・石巻(4日目)

この日は宮城県東部の寺々を巡る。有名な観光地がない地味な地域だが、実際に行ってみると意外に見どころが多かった。

アイコン

花巻・石巻(3日目)

水沢市から一関市へ。このエリアの定番スポット平泉へは立ち寄らず周辺の観光に徹して夕方には海岸線の気仙沼市へ移動。

アイコン

花巻・石巻(2日目)

初日は移動だけで1日終わってしまったが、2日目からはいよいよ本格的に北上盆地を観光。毘沙門天がたくさんある地域だ。

アイコン

花巻・石巻(1日目)

お盆に夏休みを取れたのは何年ぶりだろう。前年の10月に中途半端に終わってしまった東北の旅を続けるため、岩手県を目指したのだが。

アイコン

西相模・水車巡り

何もなく終わってゆく日曜の午後を惜しんで、西相模方面へ出かけた。小田原を起点に酒匂川の流域を北上し、日暮れには秦野へと着いた。

アイコン

山陽の塔巡り(7日目)

旅の最終日。岡山県の中央部の山地を巡る。この日の旅程は塔巡りだけではなく、棚田巡りも含まれている。

アイコン

山陽の塔巡り(6日目)

海岸地方を離れ、中国自動車道と山陽自動車道のあいだの地域、上下町を訪れる。そのあとは旧山陽道を東進して岡山までもどる。

アイコン

山陽の塔巡り(5日目)

尾道の寺巡り。電動アシストチャリで走りまくって市街地のあらかたの寺を制覇。午後はしまなみ海道を通って念願の耕三寺へ。

アイコン

山陽の塔巡り(4日目)

倉敷市から尾道市を目指す行程。備後地方きっての名刹明王院や名勝鞆ノ浦などを巡る。温泉寺院とでもいえる不思議な寺と出あう。

アイコン

山陽の塔巡り(3日目)

半日かけて定番の吉備路観光。この日見た寺は、修験道や神道の影響を色濃く残した、宗教王国岡山らしい寺々だった。

アイコン

山陽の塔巡り(2日目)

小さな港町牛窓とその周辺を半日ぶらぶらし、午後は岡山市の外周の寺々を巡る。

アイコン

山陽の塔巡り(1日目)

山陽地方の塔のある寺を巡る7日間の旅。はたしてこの壮絶な7日間の出来事を一続きの旅として通して把握することはできるのか…。

アイコン

長野原強化合宿

サークルの強化合宿で群馬県の川原湯温泉に一泊する。そのとき長野原町とその周辺を散策した記録。

アイコン

伊豆・静岡小さな旅

箱根・伊豆・静岡に日帰りで出かけた小さな旅の記録。

アイコン

三陸縦断の旅(4日目)

午前中は宿泊地の遠野の名所巡り、昼には滝観洞、午後は大船渡、陸前高田の寺を探訪した。

アイコン

三陸縦断の旅(3日目)

宮古市を起点に浄土ヶ浜、竜泉洞などの自然景勝地を観光する。陽が傾くころ釜石に着いた。

アイコン

三陸縦断の旅(2日目)

旅の2日目。八戸市内を観光して陸中海岸沿いに南下を開始。とりあえず久慈市を目指したのだが‥‥。

アイコン

三陸縦断の旅(1日目)

あまりに遅い夏休み。三陸を縦断することにした。東北の道路地図を車に積んだら、あとはひたすら北を目指す。

アイコン

長良川・飛騨の旅(3日目)

旅の3日目。高山市内の寺町を散策。円空仏の千光寺、国宝輪蔵の安国寺に立ち寄り飛騨古川へと着いた。

アイコン

長良川・飛騨の旅(2日目)

旅の2日目。八幡町周辺の神社や鍾乳洞を見学。午後、八幡町の市街地で有名な「宗祇水」を見る。

アイコン

長良川・飛騨の旅(1日目)

また岐阜県に出かける。今回はがらでもなくミーハーな町並み巡りがメインの旅だ。1日目は各務原市から郡上八幡まで長良川をさかのぼる。

アイコン

南関東・小さな旅

南関東の一都三県に日帰りで出かけた小さな旅の記録。

アイコン

尾張・西美濃戒壇巡り(3日目)

旅の3日目。岐阜県西部の山間地・谷汲村は、寺関係の見どころが多い山里だ。

アイコン

尾張・西美濃戒壇巡り(2日目)

旅の2日目。大垣市内の舟運の遺構を見学する。関ヶ原ウォーランドでは今日も武将たちが死闘を繰り広げていた。

アイコン

尾張・西美濃戒壇巡り(1日目)

またまた名古屋方面に出陣。旅の1日目はどうしても気になっている“布袋大仏”周辺を細かくチェック!

アイコン

岩水寺から日泰寺へ

静岡県浜北市の岩船寺近辺を見た後、名古屋市日泰寺付近へ。念願の八十八ヶ所霊場の縁日に行ってみた。

アイコン

東北すきま旅(山形編)

羽黒山とその周辺の寺を見ているうちに夕方になり、出羽三山めぐりの計画は中途半端なところで頓挫してしまった。

アイコン

東北すきま旅(秋田編)

旅の2日目後半と3日目の行程。2日目は田んぼの中に浮かぶ小島や不思議な霊場を訪問。3日目は男鹿半島を一周し名水の町六郷町へ。

アイコン

東北すきま旅(新潟~山形編)

狐の嫁入りがあるという不思議な町津川町に立ち寄り、次ぐ日は村上市方面へ。新潟県北部から山形県酒田市までの東北旅行2日目前半の行程。

アイコン

東北すきま旅(福島編)

夏休みに東北に出かけた。これはその1日目の行程。さざえ堂をはじめとする、会津盆地の怪しい重層建築群を見学。

アイコン
阿波國すきま漫遊記

徳島のタウン誌『あわわ』で2年間連載した、すきま漫遊記の"徳島版"。